【台風19号】震災で妻子犠牲、今回は農作物被害…相次ぐ試練も「必ず復旧させる」 宮城・大郷町の農家、阿部聡さん(41)





台風により被害を受けたハウス内で復旧への思いを語る阿部聡さん=7日、大郷町(塔野岡剛撮影)

 台風19号で浸水被害を受けた宮城県大郷町でミニトマトなどの栽培を営む農業、阿部聡さん(41)=東松島市=は、平成23年の東日本大震災で被災し、家族5人が犠牲になった。震災からの再起を目指し、約1年前に同町へ仕事の拠点を移した矢先、今度は台風によって農作物が大きな被害に見舞われた。自身を襲った度重なる試練。それでも阿部さんは「必ず復旧させる」と前を向く。

 阿部さんは農業法人「イグナルファーム大郷」を30年10月11日に設立。同法人の代表として、1・1ヘクタールのビニールハウス内でミニトマトや長ネギを栽培している。だが、今回の台風により施設内部が1・2~1・5メートル浸水。作物、肥料に加え、施設内部の温度、湿度管理を担うパソコン3台も被害にあった。

 「ようやくまとまった量を出荷できる時期だった。今期の出荷は見送るしかない」。そう話す言葉には悔しさがにじむ。阿部さんの試算によると、施設などの被害額は約1億5千万円。「(設立から)こんなにも早く水害に襲われるとは…」。自然災害の脅威を前に、うなだれるしかなかった。

続きを読む



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*