首相「女性天皇と女系の違い、啓蒙が必要」 男系皇位継承の提言受け





安倍晋三首相(右)へ提言書を渡す青山繁晴代表幹事(中央)ら日本の尊厳と国益を護る会の自民党議員=19日午前、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 安倍晋三首相は19日、自民党の保守系有志議員による「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)のメンバーと官邸で会い、男系の皇位継承を堅持するための具体策を盛り込んだ提言書を受け取った。首相は面会で、女性天皇と女系天皇の違いに関する国民の理解が必要との認識を示した。

 同席した山田宏参院議員によると、首相は「女性天皇、女系天皇の違いについて国民に十分な理解が進んでいない」と指摘し、「この部分について啓発活動は必要だ」と述べたという。

 護る会の提言は、女系天皇につながりかねない「女性宮家創設」に否定的で、皇室典範改正や特例法制定によって旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにすることが柱だ。

 首相は「男系の継承が古来例外なく継承されてきたことの重要性をしっかりと踏まえながら、慎重に検討していきたい」と語った。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*