Breaking News :

米国政府が韓国の楽観的な報道を否定してしまう! 「まだ交渉は終わっていない。分担金をもっと多く出せ」 どうすんのこれ…

韓国「北朝鮮観光を推進する!」 北朝鮮「国境閉鎖。肺炎阻止」 終わったな…

韓国がイランに横流ししたフッ化水素の量は数千トンだった! ラジオ日経でとんでもない事実が報道されてしまう!

中国の新型肺炎で韓国旅行業界がパニック状態!? キャンセル率が20%に?韓国経済も落ち込む?

在韓米軍撤収目前か! 数週間以内の休職を韓国の基地労働者に通知へ! 終わったな…

【速報】韓国レーダー照射の真相がやばすぎた! フッ化水素をイランに横流しした現場を自衛隊に見られていたことが発覚! この話もっと広めるべきだろ…

【拡散】中国肺炎で封鎖されている都市まとめ  2,000万人以上が閉じ込められていることが明らかに! やばすぎだろ…

韓国「北朝鮮と五輪を共催する!」 米国「文在寅はファンタジー世界の住人か?」 当然の批判だな…

韓国の経済成長率、10年ぶり最悪の数値でデフレの危機!? 韓国政府の財政出動で持ちこたえる?大丈夫なの?

【速報】韓国がイランにフッ化水素を横流しした件が日本のラジオで放送されてしまう! 決行日は2018年12月20日だったことも判明! ついに事実だと証明されたか…

January 25, 2020

放送と通信融合 先鞭の責任、三位一体改革の履行必須





NHK

 NHKの悲願だったテレビ番組のインターネットへの常時同時配信実施が14日、総務相に認められた。電波による「公共放送」から、ネットも活用した「公共メディアへの進化」をうたうNHKは、放送と通信の融合時代で先導的役割を務めることになるが、同時に果たさなければならない“公約”がある。新サービス実施の前提だった業務、受信料、ガバナンス(組織統治)の「三位一体改革」の実行だ。

 「いつでもどこでも必要な情報やコンテンツを得られる環境を整え、視聴機会を拡大するためには、常時同時配信と見逃し番組配信サービスが不可欠」

 NHKの上田良一会長は9日の定例会見で、こう語った。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの商用化が目前に迫り、放送と通信の垣根はさらに低くなる。公共“放送”から公共“メディア”への進化を目指すNHKにとって、新サービスは生き残りをかけた必須の取り組みだった。

 NHKが常時同時配信に先行して取り組むことには、一定の意義がある。採算性の見えない未知の事業に民放は慎重だが、NHKが知見を蓄えて民放と共有することで、参入のハードルを下げることが期待される。これまで多様な番組を提供してきた民放との二元体制を、うまく放送と通信の融合時代に適応させることは、視聴者の利益にもかなうことだ。

 ただ、新サービスを認める前提だった三位一体改革の実施状況は不十分で、総務省から指摘を受けた。また、NHKが際限なく大きくなることを懸念する空気が民放や国民にもある。「われわれがよって立つところは国民・視聴者の信頼だ」(上田会長)と言うのであれば、NHKが公共メディアに進化するため、徹底的な改革実行が欠かせない。(森本昌彦)



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

アシックスの膝にやさしい健康シューズ「ライフウォーカー」が今ならお得

Read Next

山形大職員が約537万円着服 懲戒解雇発表

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *