トランプ氏、FRBに金利引き下げ要求か  株価下落はFRB議長が原因とも

トランプ氏、FRBに金利引き下げ要求か  株価下落はFRB議長が原因とも

11日に行なわれたFedの議長Powell氏が議会証言に臨む中で、トランプ氏が米国の政策金利が高いことについて言及しました。Fedが金利を引き下げないことを批判しつつ、Powell氏が発言した影響でDow Jones Indexが下落したとも述べました。この日は民主党議員にも独立性について批判され、Fedにとっては厳しい1日となりました。

トランプ氏、FRB再批判 議会は独立性巡りパウエル議長を追及
2/12(水) 5:18配信 ロイター

 [ワシントン 11日 ロイター] – パウエル米連邦準備理事会(FRB)が11日に半期に一度の議会証言に臨む中、トランプ大統領は米政策金利は高過ぎるとし、FRBを改めて批判した。さらに、パウエル議長の証言が米株価の上昇を阻害している可能性があると示唆した。

 パウエル議長はこの日、下院金融サービス委員会で証言。米株価は新型コロナウイルスを巡る懸念が後退する中、午前の取引で軒並み最高値を更新していたが、パウエル議長の証言が進むにつれてダウ平均は伸び悩んだ。

 トランプ大統領はツイッターへの投稿で「ダウは125ドル上昇し、一段高となる勢いだったが、例のごとくジェローム・パウエル氏がしゃべり始めてからは着実に下落し、今は15ドル安になっている」と指摘。さらに「ドイツや他の国は資金を借りるのに利子をもらっている。米国は最盛期にあるが、フェデラルファンド(FF)金利は高過ぎ、ドルは輸出にとって有利ではない」と批判した。

 この日の議会証言では、民主党のポーター議員がトランプ氏によるFRB批判について触れた上で、パウエル議長が1月に米アマゾン・ドット・コムのベゾス最高経営責任者(CEO)主催のパーティーに参加したことに言及。パーティーにはトランプ氏の長女イバンカ大統領補佐官やクシュナー大統領上級顧問、JPモルガン・チェースのダイモンCEOも出席したという。

 ポーター議員はその際に撮影された写真を示し、こうしたパーティーへの出席はFRBが影響下に置かれているように見える恐れがあると指摘。これに対し、パウエル氏は「そういうことはもちろん望まない」とし、ポーター議員が指摘した人物とは会話をしなかったと答えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000010-reut-bus_all

Fedの議長のPowell氏発言で株価は下落
中国も肺炎もまるで関係ない米国の話題と。俺らが絶対に食いつかない…いや食いつくなこれは。

FRBの記事は、大事だと思います!FRBが、株価を決めてるんですよね?

そうですね。11日にFedの議長のPowell氏が議会証言を行ないましたが、その中でCoronavirusと世界経済の関連性についても述べました。このことを受けトランプ氏が米国の政策金利が高いことに触れながらFedの方針とPowell氏を批判しました。

ホントに、FRBが決めてたんですね・・・。有能さんが、そう認めました。

いやその”そうですね”は単なる相槌だろwww まあFRBが金利を引き下げないと株価が下がるという意味では決めてると言えなくもないか。

トランプ氏がPowell氏の発言を問題視しているのは確かと思われます。米国株式市場とも関連付けて、昨日のDow Jones Indexの不調はPowell氏に原因があるとの考えも述べています。

株価が下がったのはパウエル長官が悪い!パウエル長官は意地悪クラブだ!というわけだ。

「パウエル長官」って誰ですか?

間違えたww パウエル議長だ。長官だとコリンパウエル氏の方になってしまう。サンダース報道官といい紛らわしい名前の人選が多いよね米国は。

ただの文句じゃないですか(笑)

株価を甘く見てはならんぞ。当局者の発言一つで上げも下げもする。強いメッセージを打ち出さなければならん。

確かに昨日のダウ平均株価はパウエル長官の発言で下げてますからね…。FRBの影響力は他とは桁違いだと思います。

米国を含め世界経済は良好な状態とPowell氏
だから、パウエル長官ではなくて、パウエル議長です!黒井さんは、テドロス事務局長の事も、テドロス委員長と呼ぶし、メチャクチャです!

うるさいなwww いっそテドちゃんと呼ぼうかな?

こちらの報道にも目を通してください。Powell氏は米国を含め世界経済は良好であると述べ、利下げは必要ないとの見解を表明しトランプ氏の意向は受け入れない考えを示しました。Coronavirusについても言及しており、一定の影響があるとしています。

米経済は「良好な位置」、新型肺炎は懸念要因 FRB議長が議会証言
2/12(水) 0:58配信 ロイター

 [ワシントン 11日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11日に行った半期に一度の議会証言で、米経済は良い位置にあるとし、経済見通しに対し前向きな見方を示した。同時に、中国が発生源となっている新型コロナウイルスの感染拡大のほか、米経済の長期的な健全性に対する懸念を表明した。

 パウエル議長は下院金融サービス委員会で行った証言で、2019年下半期は「昨夏に強まった世界的な向かい風に対し経済は耐性を示した」との見解を表明。「米経済は極めて良好な位置につけており、良好に推移している」とし、「景気拡大が継続できない理由はない」と述べた。

 その上で、通商政策を巡る先行き不透明性などのリスクが縮小し、世界的な経済成長が安定する中、新たな展開により現在の見通しの「大幅な再評価」が必要にならない限り、金利を調整する必要はないと指摘。議長証言に先立ちFRBが7日に公表した金融政策報告書の内容を改めて確認した。同報告書でFRBは現在のフェデラル・ファンド(FF)金利の水準は経済回復を維持する上で「適切」との見解を示している。

 ただ議長は「中国で混乱を引き起こし、世界経済に波及する恐れのある新型コロナウイルスの動向をFRBは緊密に注視している」と警戒感を表明。新型ウイルスの感染拡大で中国のほか、近隣諸国と貿易相手国が影響を受け、「米国も何らかの影響を受ける公算が極めて大きい」とし、「見通しの大幅な再評価につながるような持続的な影響が及ぶのか、われわれは見極めることになる」と述べた。ただ、現時点で判断するのは時期尚早との考えを示した。

(中略)

 パウエル議長の議会証言に米金融市場は当初は大きく反応せず、中盤の取引でS&P総合500種<.SPX>は小幅高、10年債利回りはほぼ横ばいで推移していたが、証言が進むにつれS&P総合500種は上げ幅を縮小し、ダウ工業株30種は一時マイナス圏に陥った。

 議長はトランプ氏のツイートや市場の動きに関する質問に対し、FRBは完全雇用と物価安定という2つの責務の達成のみに注力していると述べるにとどめた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000000-reut-bus_all

いやさ、何となくキャラが薄いよねこの人。印象に残らない。グリーンスパン議長とかバーナンキ議長にイエレン議長といったインパクトのある面々とは一線を画していると思う。本当にFRBの議長なのか?

キャラクターの濃さが重要なんですか?

当たり前だろ!バーナンキ氏の時なんて口を開いただけでドル円チャートが暴落とか言われてたんだぞ。そのせいもあってか日本のマスコミ勢には肺炎が世界経済に波及するという部分だけを拾われて短い記事にされてしまっている。パウエル長官の弱気な表情とセットでだ。

確かに、日本の報道では肺炎の部分が強調されてますね・・・。どの記事を見ても、不満そうな表情をしてます。

だろ?NHKに関してはあたかもFRBがWHOの担当官か何かに見えてしまうようなタイトルまでつけている。FRBの職務範囲外だと思うんだけど、日本はそういうのは平気で押し付けるしマスコミらしいやり方だと思ったね。

FRB議長「新型コロナウイルスの影響を注視」
2020年2月12日 6時48分

 アメリカの中央銀行にあたる、FRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長は11日、アメリカ議会下院で証言し、新型コロナウイルスが世界経済にとって新たなリスクになっているとして、事態を注意深く見ていく考えを示しました。

 この中でパウエル議長は当面の金融政策について、「アメリカ経済が見通しのとおりに推移すれば、今の政策スタンスが適切だろう」と述べ、今の金融政策を当面維持する考えを示しました。
・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200212/k10012281631000.html

Powell氏は米国経済を含め世界的な経済成長が続き安定しているという認識を持っていますので、利下げを今は必要としないことの根拠になるかと思います。Coronavirusだけを強調しながら経済の見通しを懸念したと判断することには問題があります。この点については一部報道の参照を控えるべきでしょうね。

ほらやっぱり。NHK怒られた。

パウエル議長、いつ見ても口が「へ」の字になってて、不満そうですよね・・・。日本の報道を見ると、パウエル議長の笑顔が見れない気がします。

そこかww まあそういうのは意外と大事な気もするね。FRB議長というのはそれだけ重要な職務だから、パウエル長官も安易に分野外に対しての発言はするべきじゃなかったかもね。

だから、議長ですってば!

こまけえこたぁいいんだよwww

Powell氏の表情が暗いとされていることについて
調べてたら、昔に「バーナンキショック」という出来事があったんですね・・・。バーナンキ議長って、顔にインパクトがあって、すぐ覚えられます!

だろ?この男にしてFRBありという印象深さが特徴だ。FRB議長の任期は特に決まってないけど、このバーナンキ議長は2006年から2014年まで実に8年間もの任期を務めたんだ。

そんなに・・・。大統領よりも、長いじゃないですか!

その前のグリーンスパン議長はもっとすごいぞ。1987年から2006年までだ。実に19年間ものあいだFRB議長として君臨し続けた。ある意味大統領よりも権力を持っているからこそ、パウエル長官の印象の薄さは不安な気持ちにさせるよね。

長過ぎます!イエレン議長は、どういう人だったんですか?

基本的には前のバーナンキ議長の路線を踏襲する人だったが、トランプはどの議長もおそらく気に入っていない。トランプはもっと強烈な金融緩和をする人物を据えたいと考えているはずだ。それでもQE4を始めたことは評価されていいとは思うが、トランプは明らかに満足していないからな。

ネットユーザーのAKさんは、茶番だって言ってますね・・・。口先介入で株価操作しないで、FRBはトランプ大統領の再選のためにある訳じゃない(SMさん)、ホントの不況が来たらどうするつもりなの(NJさん)、という雰囲気です。その一方で、コロナウイルスの件があって、トランプ大統領は強運だ(K5さん)、と言ってる人もいます!

バーナンキショックの前例もあるように発言1つで大暴落を引き起こせるのは米国広しと言えども大統領とFRB議長の2名だけだろう。パウエル長官の表情が確かに暗いのは気になるし、実際トランプはFRBの議長としてケビンウォーシュという元理事を指名しなかったことを後悔しているそうだ。

そうなんですね・・・。トランプ大統領が選んだなら、仕方ない気もします。でも、何とかしてほしいです!

しかしFRBの話だけでここまで盛り上がるとはな。2018年にこの本家が始まってから初の出来事じゃないか?それだけ話題性があるトピックだったのかもね。

FRB議長って、解任できるんですか?

できるよ。大統領権限でな。つまりトランプはまだ何枚もカードを残していることになる。これからもし株価が大荒れになる場合にはその切り札を切ることを検討するだろうね。そして元理事の中から適切な人選をするだろう。

トランプ大統領が、FRB議長を兼任すればいいと思います!トランプ大統領の理想を、そのまま政策金利に反映してほしいです!

それはさすがに無理だwww

本日の注目ニュース

Read Previous

【週間視聴率トップ30】「翔んで埼玉」にネットも沸く 2月3日~9日

Read Next

フィリピンが米軍地位協定を破棄 南シナ海情勢に影響も

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x