新型肺炎確認で沖縄知事「万全期す」





沖縄県での新型コロナウイルス感染確認を発表した玉城デニー知事=14日夕、県庁

 新型コロナウイルスの感染者が沖縄県内で初めて確認されたことを受け、県は14日夕、危機管理対策本部(本部長・玉城デニー知事)会議を開いた。玉城氏は「患者に対する医療提供体制の確保に万全を期してまいる」と強調した。

 玉城氏によると、感染が確認されたのは沖縄県南部に住むタクシー運転手の60代の女性。感染が拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が今月1日に那覇港に寄港した際、乗客をタクシーに乗せたという。5日からせきが出始め、12日に医療機関で受診した。

 女性は現在、指定医療機関で治療を受けており、容体は安定しているという。県はこの女性と接触した人の健康確認を進めている。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

超新星改め“スパノバ” 冠バラエティー・シーズン2へ

Read Next

新型肺炎契機の「下請けいじめ」はダメ 経産省が配慮要請

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *