中国、音信不通の北海道教育大教授をスパイ容疑で捜査





 北海道教育大の袁克勤教授(本人のフェイスブックから)

 【北京=西見由章】中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は26日の記者会見で、中国で昨年から音信不通となっていた北海道教育大の中国人研究者、袁克勤(えん・こくきん)教授(東アジア国際政治史)について、「スパイ犯罪」に関する容疑で中国の国家安全部門から取り調べを受けていることを明らかにした。

 耿氏は、袁教授が「犯罪事実に対して包み隠さず自供している」と述べ、「証拠は確かだ」と主張した。現在は検察機関が起訴の可否を判断するための捜査を進めているといい、「刑事手続き上の権利は十分に保障されている」と述べた。

 袁教授は中国吉林省生まれ。昨年5月、母親が亡くなったために一時帰国し、6月に大学側と連絡が取れなくなった。

続きを読む



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

自民・細田氏、経済対策の財政出動牽制 「長期の財政考えないと」

Read Next

コロナ発言で1時間遅延 成田-松山のLCC便

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *