「行旅死亡人」の遺品持ち帰りか 東京・新宿区職員 警視庁が捜査


 東京都新宿区生活福祉課に勤務する40代の男性主事が、住所や氏名が不明で親族などの引き取り手もいない「行旅(こうりょ)死亡人」の遺品や所持金を自宅に持ち帰るなどした疑いがあり、警視庁が捜査を始めたことが26日、分かった。同庁は主事が同様の行為を繰り返したとみて業務上横領容疑などを視野に裏付けを進める。

 捜査関係者らによると、主事は区内で見つかった行旅死亡人について、火葬までの業者とのやり取りや、警察などが回収した故人の遺品の保管、管理などを担当している。

 区の規則では、遺品に現金や有価証券などがある場合、これらを火葬代に充てると規定。腕時計などは売却して現金化する。不足分は区が一時的に立て替え、都に補填(ほてん)を求める。

 行旅死亡人は官報に身体的な特徴などが掲載されるため、火葬後に親族らが名乗り出てくるケースがあり、その場合は後日、実費を負担してもらうという。

続きを読む



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

「EU共通債」を加盟9カ国が呼びかけ 新型コロナ対策

Read Next

デジタル革新を年金資金で促進 経団連や東大、GPIFが提言

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *