北マケドニアNATO加盟 東欧拡大、30カ国体制に





北マケドニアの外務省が入居するビル=27日、スコピエ(ロイター)

 北大西洋条約機構(NATO)は27日、東欧の北マケドニア(旧マケドニア)が同日加盟したと発表した。1949年に12カ国で発足した米国や西欧などの軍事同盟は冷戦終結後、東欧に大きく拡大。30カ国体制となった。

 NATOのストルテンベルグ事務総長は「北マケドニアは30カ国、10億人弱の家族の一員となった。いかなる問題に直面しても、われわれは一緒ならより強く、より安全でいられる」と述べた。

 北マケドニアは、旧称マケドニアの国名を問題視するNATO加盟国ギリシャとの対立を改称によって解決した。

 欧州連合(EU)加盟国も24日、北マケドニアとの加盟交渉を開始することで基本合意。旧ユーゴスラビアから92年に独立した同国は今週、欧州との統合に向けて大きく前進した。

(共同)



Source link

READ  批判呼ぶテドロス事務局長の「中国擁護」 背景にWHOと中国の蜜月の仲

Read Previous

【人事】フュートレック

Read Next

【首相記者会見】アビガン正式承認に向けプロセス開始へ

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x