豪雨被災の熊本・球磨村、小中3校1カ月ぶり再開 





1カ月ぶりに再開した球磨中に登校し、抱き合って再会を喜ぶ生徒たち=3日午前、熊本県球磨村

 九州を襲った豪雨で甚大な被害を受けた熊本県球磨(くま)村で3日、休校が続いていた村立の小中3校が1カ月ぶりに再開した。校舎の掲示板には「がんばろうくま村っ子」などと文字が張られ、児童と生徒を出迎えた。

 生徒たちは午前8時20分ごろからスクールバスや車で続々と登校。校門前では教員が「元気やったね。大きくなった」と肩をたたくと、照れたようにはにかんだ笑顔を見せた。生徒同士が互いに抱き合って無事と再会を喜ぶ場面もあった。

 再開したのは渡(わたり)小、一勝地(いっしょうち)小、球磨中の3校。児童と生徒計232人のうち約170人が避難所などでの生活を余儀なくされている。被害が大きかった渡小は、一勝地小の校庭に仮設校舎を設置した。



Source link

Read Previous

湾岸危機30年 中東混迷は世界に広まった

Read Next

米国務長官「トランプ氏、数日内に行動」 TikTok問題めぐり

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *