韓国人「今年、韓国の科学者がノーベル賞?日本が邪魔しそうな感じがする」

今年、韓国の科学者がノーベル賞?…海外で挙げられた「QLEDの父」

ナノ粒子研究で学術情報会社クラリベイトのノーベル賞候補24人に含まれた

「私の研究がどこに使われているのかを尋ねると、サムスンQLED(量子ドット発光ダイオード)テレビを見てくださいという。 色を出す半導体である量子ドットを望む大きさで大量生産できる方法が私の論文から出たからです。」

来月5日から生理学・医学賞を皮切りに、今年のノーベル賞受賞者が発表される。 もしかしたら初めて韓国人ノーベル科学賞受賞者が出るかも知れない。 毎年ノーベル科学賞受賞者を的中予言してきたグローバル学術情報分析企業のクラリベイト・アナリティクスが、今年のノーベル賞受賞の有力候補に韓国人科学者を選んだ。

クラリベイトは23日、ヒョン・テクファン ソウル大学碩座教授(基礎科学研究院ナノ粒子研究団長)が今年のノーベル化学賞受賞が有力な科学者だと発表した。 ヒョン教授は、米MITのモウンジ・バウェンディ教授とペンシルベニア大学のクリストファー・マレー教授と共に、広範囲なところに応用されるナノ粒子を精密合成した研究功労で、化学賞の受賞候補に選ばれた。

クラリベイトは2002年から生理学・物理学・化学・経済学分野で論文被引用頻度が上位0.01%に当たる優秀な研究者をノーベル賞受賞候補に選定している。 これまで候補に挙げた研究者336人のうち54人(16%)が実際にノーベル賞を受賞した。 このうち29人は、クラリベイト候補選定2年以内に受賞した。 国内では2014年にKAISTのユ・リョン教授、2017年には成均館大学のパク・ナムギュ教授、2018年には蔚山科学技術院のロドニー・ルオフ教授が化学賞候補に選ばれた。

20年ぶりに輝いたナノ科学研究

ヒョン教授は「1997年にソウル大教授になり、米国で勉強したことを捨てて当時新たに浮上したナノ科学に飛び込んだことが、20年を経て陽の目を見た」と説明した。

当時、米国のクリントン政権がナノ科学を国家発展の新しい動力として打ち出したことで、研究ブームが起こった。 ヒョン教授は2001年、米化学会誌(JACS)に温度を徐々に上げて反応させる均一なナノ粒子の合成に成功した。 その前まではナノ粒子を合成すれば大きさがばらつき、希望する大きさの粒子を別途に選ばなければならなかった。

ヒョン教授の研究を契機に太陽電池から癌診断、治療に至るまで多様な所に活用されるナノ粒子を希望通り合成できる道が開かれた。 この論文は、これまで他の学者の論文に1660回も引用されている。

続いて2004年に『ネイチャーマテリアルズ』に発表したナノ粒子大量合成法はなんと3000回も引用された。 ヒョン教授は同論文で、ナノ粒子を従来の方法より1000分の1の価格で1000倍多く生産する方法を発表し、学界を驚かせた。 この論文がQLEDテレビを生んだ。

ヒョン教授は、大韓民国最高科学技術人賞、湖巖賞、ポスコ青岩賞など、国内最高科学賞を総なめした。 韓国研究財団は2018年に過去10年間のノーベル科学賞受賞者の論文被引用回数を超えた韓国人科学者6人を選んだが、ヒョン教授も含まれた。 2010年からは化学分野の世界最高の学術誌であるJACSの副編集長も務めている。

ヒョン教授は「もうノーベル賞を受賞してもしなくても評価基準になる論文はすべて発表した」とし「今後、米食品医薬局(FDA)が承認した薬のない難病治療に新たに挑戦する」と述べた。 彼はすでに、ソウル大学医学部の研究陣とナノ粒子での動物実験で、適当な治療剤のない敗血症やアルツハイマー病の好転に成功した。

それでも欲張りはしないのだろうか。 ヒョン教授は「QLEDテレビの基本原理となった量子ドット研究者2人がまだノーベル賞を受賞していない。」とし「彼らから受賞者が出ることを期待をしてみる」と話した。

ノーベル科学賞・経済学賞有力研究者24人を発表

クラリベイトは同日、今年のノーベル科学賞と経済学賞受賞が有力な研究者科学者24人を発表した。 分野別では生理学・医学が4人、物理学7人、化学6人、経済学7人だった。

化学賞分野ではナノ結晶研究者の他に、米MITのスティーブン・バーチワルド教授とUCバークレーのジョン・ハートウィック教授が有機金属化学研究で、日本東京大学の藤田誠教授が自己組織化物質創成を通じた超分子化学研究でやはり受賞者候補に名を連ねた。

生理医学分野では、分子免疫に関与する主組織適合性複合体(MHC)たんぱく質を開発し、新薬とワクチン開発に貢献した功労で、カリフォルニア工科大学のパメラ・ビョルクマン教授とハーバード大学のジャック・ストロミンガー教授が選ばれた。 日本癌精密医学研究所の中村祐輔所長は、適合型抗がん治療の道を開いた「遺伝的多型マーカー研究」で、米ベイラー医科大学のヒューダ・ジョグビー教授は神経疾患のラット症候群の起源を明らかにした功労も生理医学賞の候補に挙げられた。

物理学分野では、米海軍研究所のトーマス・キャロル博士とルイス・ペコラ博士が非線形力学研究で、米スタンフォード大学のホン・ジエ教授とUCバークレーのアレックス・ジェートル教授が炭素-ホウ素ナノチューブの開発で、英ダーラム大学のカルロス・フランク教授とカナダ・·ビクトリア大学のフリオ・ナバロ教授、独マックスプランク研究所のサイモン・ホワイト博士が銀河形成と進化、宇宙構造と暗黒物質に関する研究でそれぞれ受賞候補に選ばれた。

何処かの韓国人

韓国初のノーベル科学賞が出るのを期待します。

 

何処かの韓国人

ムンさんもノーベル賞狙って南北共同オリンピックだとか終戦宣言だとか何だかんだ言ってます。

 

何処かの韓国人

ノーベル賞なんか必要ないし無意味だということを金大中が証明した。
十数年前に。

 

何処かの韓国人

ノーベル賞に執着するのが朝鮮人の特徴。
実際に受賞するのは黙々と研究する平凡な日本のサラリーマンww

 

何処かの韓国人

夢が随分と大きいね…
まだ私たちが基礎科学に投資し始めて50年にもならないのにノーベル賞なんて…
日本は基礎科学に投資してからほぼ100年だよ。
まだまだだ。
さらに投資し、さらに研究してこそ実を結ぶのが基礎科学だ。
もうはしゃぐのはやめろ。

 

何処かの韓国人

それしきのことでノーベル賞を貰えるなら、エジプトもノーベル化学賞を取ってるだろ。

 

何処かの韓国人

実際、韓国からノーベル賞出たら良いでしょうね…
薄っぺらな平和何とか章ではなく…

 

何処かの韓国人

うわぁ…韓国の科学者がノーベル賞候補にまで上がるなんて本当にすごいです。
もちろんノーベル賞を受けなくても候補に上がっただけで十分だと思います。
ヒョン教授、応援してます!

 

何処かの韓国人

サムソンのQLEDはQLEDではないはずだが…
今年も間違いなく静かに過ぎるよ…

 

何処かの韓国人

お金を払って買ったノーベル平和賞ではなく、本物のノーベル賞を一度受けてみよう。

 

何処かの韓国人

バタバタするのはやめて、結果発表だけ待ちましょう。
予想は凍死。

 

何処かの韓国人

不可能だwww
日本、ドイツ、米国から基礎科学ロイヤリティを支払って購入し、組み立てだけする水準であることを知らない人がいるのか?

 

何処かの韓国人

すぐまた日本のロビーが開始されるでしょう!

 

何処かの韓国人

受賞すればムンさんが政治的に利用しそうで怖い…

 

何処かの韓国人

日本が邪魔しそうな感じがする。

Read Previous

【韓国経済】中小企業の8割が経営危機! コロナ感染爆発で状況悪化! 終わったな…

Read Next

自ら命を絶つ日本人女性40%急増…日本の機関、韓国にSOS協力要請=韓国の反応

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *