「10発ぐらい殴った」犬の散歩中に飼い主同士で口論、前歯折った81歳男を逮捕


 犬の散歩中に近所の男性の顔を十数発殴ってけがを負わせたとして、福岡県警粕屋署は19日、同県須恵町、無職の男(81)を傷害容疑で現行犯逮捕した。男の秋田犬が男性のコーギー犬にかみつき、飼い主同士のトラブルに発展したという。

 発表によると、男は19日早朝、須恵町の路上で、近所に住む会社員男性(43)の顔を拳で十数発殴り、前歯を折るなどのけがをさせた疑い。「相手が先に殴ってきたので10発ぐらい殴った」と容疑を認めているという。

 2人は、男の秋田犬が男性のコーギー犬の尻にかみついたことをきっかけに口論になった。男が殴る構えを見せたため、男性はとっさに男に殴りかかったが、空振り。リードが足に絡まり、動きにくくなったところを殴られたという。

 秋田犬の保護や繁殖に取り組む「秋田犬保存会」(本部・秋田県大館市)によると、男は同会の九州総支部長を務めていたが、事件を受けて解任された。



Source link

Read Previous

時価総額5兆ウォン蒸発したBTS所属事務所…代表の資産8位から12位に落ち込む

Read Next

大相撲の中村親方が佐伯市を提訴 昨年PR活動で負傷、賠償求め

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *