関西の広域で一時的に電圧が低下 一部で交通にも影響か

By | October 27, 2020


 大阪府のほぼ全域と京都府や奈良県、和歌山県の一部で26日午後8時ごろ、一時的に電圧が低下し、各地で電灯が消えるなどのトラブルが起きた。関西電力送配電によると、電圧低下はおおむね数秒以内だったといい、同社が詳しい原因を調べている。

 大阪市消防局によると、同午後8時ごろ、同市中央区上本町西5丁目の集合住宅で、女性がエレベーターに閉じ込められたが、自力で脱出。同消防局は、この電圧低下のトラブルの影響があった可能性があるとみている。

 大阪メトロは、大阪市や大阪府東大阪市、守口市などの約35駅で、駅舎の電灯が一時消えるなどしたのを確認。JR西日本では学研都市線の放出(はなてん)駅(大阪市鶴見区)で信号確認のため5分の遅れが出た。京阪電鉄でも一部の列車が止まり、数分の遅れが発生。近鉄では、東大阪市内の複数の駅で自動改札機などが一時的に使えなくなるトラブルがあった。



Source link

関連:  「危険運転」2審も認定、法曹界で割れる見解
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments