韓国製検査キット欠陥 米で10億円損失、輸入の州知事夫人は韓国出身


 同紙によると、検査キットは今年4月に緊急輸入された。州内の民間医療機関に無償で提供されたが、検査に時間がかかったり、擬陽性が多数出るなどの欠陥があって使用が断念された。

 その後、ひそかに韓国の同じ輸入先から250万ドルで代理品50万セットを輸入。37万セットが使用されたという。

 同州のホーガン知事は2004年に韓国出身のユミ夫人と結婚し、「韓国の婿」と呼ばれている。今回の緊急輸入ではユミ夫人が韓国側とのやりとりで大きな役割を果たしたという。

 州議会などには経緯の報告がないといい、議員の1人は同紙の取材に対し「検査キットに多額の費用をかけたにも関わらず、どのように使用されたか明快な答えがないのは常識外れだ」と非難している。



Source link

Read Previous

マイナポイント延長へ 来年9月軸、枠拡大も 総務省方針

Read Next

東京・渋谷の女性殴打 傷害致死容疑で40代を逮捕へ 「自分がやった」と出頭

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *