中国「100均のふるさと」激変 消えたバイヤー、シャッター街に


【写真】コロナ禍以前は、1日20万人のバイヤーが訪れていた

 全長約2・5キロ。ショッピングモールをいくつも連結したような建物が一面に広がる。義烏国際商貿城。約7万5千の卸売業者が入居し、世界210カ国・地域との年間取引額が1500億元(約2兆4千億円)超という問屋街だ。

 1年前に日本から出張で訪れた際は、4平方メートルほどの小さな店が通路を挟んで密集し、天井から床まで商品を並べた店先は欧州やアフリカから買い付けに来た人でにぎわっていた。それが今は同じ場所と思えないほど閑散とし、シャッターを下ろした店が多い。



Source link

Read Previous

中国月探査船「嫦娥5号」、月面着陸に成功…土壌サンプル採取へ

Read Next

【拡散】「日本政府に中国と韓国のスパイがいます」ホワイトハウス請願出される

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *