韓国法務部長官が四面楚歌に…文大統領が決断の負担を抱え込むことになった


この日昼までは秋氏と尹氏がともに辞退するカードが現実化するように見えた。前日、文大統領と丁世均(チョン・セギュン)首相の週間定例会合でともに辞退するカードが取り上げられ、丁首相の提案に文大統領が「私も悩みが多い」と答えた事実が公開されたことに続き、この日文大統領と丁首相が相次ぎ秋長官と単独面談をした事実が知らされながらだ。丁首相が先に午前10時政府ソウル庁舎で開かれた国務会議に先立ち、秋長官と10分間面談した。首相室関係者は「丁首相が秋長官に『国務会議前に執務室に立ち寄りなさい』と呼び出して単独面談が実現した」とし、「前日、文大統領との午餐会で行われた議論の結果を伝達しただろう」と伝えた。

秋長官は国務会議直後である午前11時15分ごろ、青瓦台(チョンワデ、大統領府)に入って文大統領を面談した。秋長官の青瓦台訪問は予告されていない日程だった。文大統領は青瓦台でテレビ会議で国務会議を主宰した。青瓦台関係者は「この日の面談は非公式日程で議論の内容を確認することはできない」とした。

しかし、法務部監察委が法務部の尹総長監察および懲戒請求が不当だという結論を下したことに続き、午後ソウル行政裁判所が「職務執行停止処分の効力を停止せよ」として尹総長の軍配をあげて雰囲気が急変した。尹総長が裁判所の決定後すぐに出勤しながら「憲法精神と法治主義を守るために最善を尽くす」と明らかにしたことをみると、辞退する意向がないからだ。法務部も「(秋長官の)大統領報告と首相面談の際、辞退に関連した議論は全くなかったことをお知らせする」とした。秋長官も退く意向がないということだ。

それなら選択肢は多くない。まず、行政裁判所の決定にも法務部が懲戒委で尹総長の重処分を決定して文大統領が裁可する形式が可能だ。懲戒委は4日に予定されている。法曹界要人は「今回の行政裁判所の判断を考慮すれば、尹総長が懲戒に不服して提訴すれば裁判所が受け入れる可能性がある。文大統領にとっては裁可といっても政治的負担を背負うほかはない。今後、裁判所で覆される恐れもある」とした。

首相室では「丁首相が場合によって尹ン総長に直接会って自ら辞退することを求める可能性も排除していない」と述べた。今まで首相が検察総長を呼び出して別途の会合を開いた前例はない。尹総長の受け入れの意向がなければ、これもまた無駄になる。再びボールは文大統領に渡される。一部では文大統領が直接尹総長に退くようにメッセージを出すかもしれないという見方もある。

どちらにせよ与党は当惑している。尹総長の去就を文大統領が直接決める状況を極度に警戒してきたためだ。しかし、ここまで追い詰めたのに尹総長を現職にそのまま置くわけにもいかない状況だ。与党のある関係者は「内部的には9日で予告した高位公職者犯罪捜査処法処理の時期を去就整理の期限にすべきだという意見が少なくない」とし、「それまで尹総長に対する辞退を導き出すのが最も望ましいと考える」と伝えた。

一方、行政裁判所の決定が出ると、国民の力の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表は「無理に違法な過程を経た秋長官は文大統領が直ちに更迭しなければならない」として「事態がこのような状況になるまで手をこまぬいていた文大統領と丁首相も国民にきちんとお詫びする必要がある」と話した。



Source link

Read Previous

献金の見返りに大統領恩赦の疑惑、米司法省が捜査

Read Next

東京都で新たに500人が新型コロナに感染

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *