米、中国報道官の偽画像投稿は「レベル低い」と批判 豪を擁護


先月30日、豪兵士がアフガニスタン人の子どもの喉元にナイフを突きつけているように見える偽の合成画像が、中国外務省報道官の趙立堅氏によってツイッターに投稿された。モリソン豪首相は中国側に謝罪を求めたが、中国大使館は豪政府やメディアの過剰反応だとした。

しかし、米やニュージーランド、フランスなど他国も、中国が合成画像を公式アカウントに投稿したことに懸念を表明。

米国務省は2日、「中国共産党が豪に対して取った行動は、精査なしの誤情報流布と威圧的外交の一例だ。その偽善は誰の目にも明らかだ」とし、合成画像を投稿する一方で中国国民はツイートを読むことを禁じられている、と指摘した。

国務省のブラウン報道官代理は、合成画像の投稿について「中国共産党は深刻な人権侵害を隠すために誤情報を流してきたが、その共産党にとってさえも更にレベルを引き下げる結果になった」とした。



Source link

Read Previous

日本で「在日朝鮮人差別」の入ったナイキ広告が論争に

Read Next

ルーマニアでも謎の「モノリス」出現 粗悪な作りに嘲笑の声も

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *