【緊急速報】トランプ詰む

By | February 18, 2021

議会占拠事件で新たな情報が出ていたことが分かった。トランプ陣営がデモ参加者や雇用元の組織に合計で3億円近くを支払っていた可能性があるという。複数のダミー企業を通していたらしく、合計金額や人数はさらに膨れ上がる可能性があるそうだ。これとは別にニューヨークのトランプ不動産取引に関する検察当局の捜査も進んでいるらしい。トランプ、万事休すか?

トランプ陣営、議会乱入前のデモ組織者に350万ドル超提供
2/13(土) 8:00配信 Forbes JAPAN

米連邦議会の乱入事件につながった抗議デモを組織した人たちは、ドナルド・トランプ前大統領の陣営やその資金調達委員会から350万ドル(約3億6700万円)超を受け取っていた。政治資金監視団体「責任ある政治センター(CRP)」が10日明らかにした。

連邦選挙委員会(FEC)に最近提出された書類をCRPの一部門「オープンシークレッツ」が調査した。1月6日の「Stop the steal(選挙を盗むな)」集会の許可記録に名前のある人物のうち、少なくとも3人が2020年11月末までトランプ陣営に雇われていたこともわかった。

やはり集会の許可記録に名前があり、集会の関係者2人を雇っていたイベント・ストラテジーズという企業に対して、トランプ陣営から支払いが行われていたことも確認された。

オープンシークレッツは、トランプ陣営は何億ドルもの資金を最終的な受け取り相手が不明な複数のダミー会社を通じて流しているため、集会の組織者たちへの実際の支払い額はもっと膨らむ可能性があるとも言及している。

オープンシークレットによると、トランプの資金調達委員会の一つ「Trump Make America Great Again Committee(トランプ「米国を再び偉大に」委員会)」は、アメリカン・メイド・メディア・コンサルタンツというダミー会社を通じて7億7100万ドル(約808億円)を支出していた。ニューヨーク・タイムズによると、この会社はトランプの義理の娘で陣営のシニアアドバイザーだったララ・トランプが一時、取締役を務めており、選挙資金の受け取り手を意図的に隠したとかねて批判されていたという。
・・・

Source

弾劾裁判は無罪でも他で有罪なら無意味

トランプ大統領、緊急放送はもうやらないんですか?

そうらしいね。さっきちゃちゃっと仕上げたんだけど、ぶっちゃけもう誰も期待してないしあたかも我々が嘘の発信源かのように思われるのも本意ではないからな。今後はトランプに関する厳しい報道も入れつつ移行しようと思う。

それがいいと思います!トランプ大統領、もう1カ月経つのにほぼ何もしてないですよね?

そういうこと。このまま4年後の大統領選に出られると思ったら大間違いだ。弾劾裁判はコロナ経済対策のこともあるから無理やり有罪にはしなかったが、その代わりに山ほど刑事訴訟と民事訴訟が待っている。これもそのうちの一つになりうる。

これって、もし立証されたらどんな犯罪になるんですか?

国家反逆罪に該当するような何かに繋がりかねないよな。米国防総省の粛清については何の報道も出てきていないが、今度は彼らが国家反逆罪だとみなされかねない。

最初は、バイデン大統領の方が国家転覆罪だって言われてたのに、いつの間にかひっくり返ってしまったんですね・・・。

トランプが何もしなかったせいでな。平和を愛するトランプという理想像を捨てられず泥にまみれて戒厳令を起こすこともできなかった。だがそれで罪から逃れられるかというとそんなことはなく、他にも徐々に不利な報道が増え始めている。
トランプへの捜査が進みジュリアーニ元市長も離れる

ニューヨークの不動産融資における何らかの不正な取引があったことを示唆するものだ。現職の大統領でなくなったから捜査側も遠慮する必要はなくなった。ジュリアーニ元市長もとうとうトランプの弁護を引き受けなくなったようだ。

トランプ氏のNY不動産関連融資に捜査、トランプ・タワーも-DJ
2/15(月) 9:20配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ前米大統領の名前を冠したマンハッタンの不動産に関係する金融取引をニューヨークの検察当局が捜査している。事情に詳しい複数の関係者からの情報を引用し、ダウ・ジョーンズ(DJ)通信が伝えた。

DJ通信によれば、ニューヨーク市マンハッタンの五番街にあるトランプ・タワーのほか、ウォール街にあるトランプ・ビル、トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー、イーストサイドの集合住宅トランプ・プラザに関連し、トランプ氏側が受けた融資が捜査対象となっている。

これらの融資は全て、商業用不動産ファイナンス会社ラダー・キャピタルの関連会社がトランプ氏側に実行したもので、不動産記録によると、マンハッタンの四つのビルに対し、ラダー・キャピタル側から2012年以降、2億8000万ドル(約294億円)余りの資金が融資されたという。

トランプ一族の中核企業であるトランプ・オーガニゼーションおよびトランプ氏の代理人の弁護士、マンハッタンの地検は、DJ通信の取材に対しコメントを控えている。
・・・

Source

トランプ元大統領の訴訟、「親友」ジュリアーニ元市長もトランプ氏から手を引く
2/17(水) 18:41配信 WoW!Korea

トランプ元大統領に対する民事・刑事上の訴訟が山積している中、長い間個人弁護士として共に行動してきたルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長が、これ以上法的紛争に関与しないことにしたことが分かった。

ジュリアーニ元市長はトランプ元大統領の選挙結果を覆し、電子開票機会社から数兆ウォン台の損害賠償訴訟を起こされたこともある人物だ。

16日(現地時間)CNNによると、トランプ元大統領の首席顧問ジェイソン・ミラー氏はこの日、CNNとのインタビューで「ジュリアーニ元市長はこれ以上どんな法的紛争でもトランプ大統領の代理をしていない」と述べた。

ミラー氏は自分のツイッターにも「ジュリアーニ氏が同盟であり友人として残ることとなった」とし「これ以上トランプ大統領が関与した未決事件がないためだ」とも書き込んだ。

しかし現在、トランプ元大統領は民事・刑事上訴訟と検察の捜査を控えている。

トランプ元大統領は、先月6日に知人に議会乱入事態を扇動した容疑で起訴されるのではないかと不安を示してきたが、自分の弾劾案が下院に提出されると憤り、ジュリアーニ氏の弁護士費用の支払いを中止するよう指示したが、側近らが指示に従ったかどうかは不確かだと、CNNは報じた。

Source

そう言えば、新しい有能さんって毎日は来ないんですか?

うむ。あの時一回だけ現れて終了か。もしくはたまに来るのか…まあ前任者と比べて厳しくなさそうではある。いい意味で放任主義なんだろう。

トランプ大統領、色んな事をやり過ぎましたね・・・。融資も犯罪になるなんて、どうしてしまったんですか?

前から言われてた話だと思うがね。俺はトランプは再選されなければ逮捕されると何回か話したよな?だから1月20日までが勝負だった。ところがトランプは何もしなかった。こうなるのは自ずと分かっていたわけだ。残念ながらこれが現実だ。

トランプ大統領の支持者は、ポジティブ過ぎたんだと思います。最悪の状況も考えて、動かなければいけなかったのに、理想の姿ばかりを求めてました!

ネットユーザーの反応です!
・トランプ大統領は、カジノの改修をした業者に6分の1しか料金を払わなかったみたいです。刑事裁判になって敗訴したら、弁護士への支払いもないそうです
・トランプ大統領は、ゴルフどころではないのでは?
・弾劾裁判は予定通り無罪でしたけど、これからトランプ大統領の試練が始まります
・トランプ大統領は一般人ではないので、捜査側はより厳しく対処すると思います
・選挙の次は、捜査も不正だと騒がれるかもしれないです
・告発して正式な捜査に入れば、もっと色んな証拠が出てきそうです

今のところトランプ陣営のやったことがすべてブーメランになりそうな気配はあるね。選挙不正だと叫んだらトランプが「票を見つけろ」とジョージア州務長官に不正に要求した音声が出るわ、ペロシ議長やオバマが逮捕される!と叫んだら逆にトランプが逮捕されそうになったり。ここまで来るともはやトランプ支持者だった人達も離れていきそうだね。

ボクは、そうなりかけてます・・・。もう、いいのかなって思います。トランプ大統領、何もしないまま1カ月が過ぎました。

結局そこだよな。支持者の期待に応えることをしないならもはや支持する意味がない。こうして徐々に人が離れて2024年には誰も覚えてないかもしれないね。それはそれで仕方のない話だ。

トランプ大統領、失望しました!何もしないのはダメです!バイデン大統領、油断してはいけません!さようなら!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *