トランプ氏が保守派イベントで演説 「旅は終わっていない」

By | March 1, 2021

[ad_1]

トランプ氏、退任後初の演説 「旅は終わっていない」

(CNN) トランプ前米大統領は2月28日、フロリダ州オーランドで開催された保守派の大規模イベント「保守政治活動会議(CPAC)」で演説し、自身と支持者らが4年前に始めた「素晴らしい旅」は「決して終わってなどいない」と強調した。

トランプ氏が退任後、公の場で発言したのは初めて。

演説では「われわれは勝利し、米国はかつてないほど強く偉大な国になるだろう」と述べて、2022年の中間選挙で共和党の主導権奪還に向け、大きな役割を果たす姿勢を鮮明にした。

さらに「私自身が3度目の(民主党)打倒を決意するかもしれない」と言明。昨年の大統領に勝っていたとの主張を繰り返しつつ、24年大統領選に出馬する可能性を示唆した。

共和党内で同氏の弾劾(だんがい)に賛同した造反議員ら全員を名指しし、特に下院ナンバー3のリズ・チェイニー氏に対して強い怒りをあらわにした。

バイデン大統領の移民政策や新型コロナウイルス感染拡大への対応を改めて批判する一方、ワクチン開発は「私たちの業績だ」と強調した。

自ら新党を結成するとの観測は否定し、「私たちには共和党がある」と言い切って拍手を浴びた。

会場ではトランプ氏の盟友で下院共和党トップのマッカーシー院内総務らも同氏に称賛の言葉を贈るなど、トランプ氏が維持する影響力の大きさが浮き彫りになった。

出席者らを対象にした非公式の投票では、24年大統領の共和党候補としてトランプ氏を選んだ人が55%を占めた。2位は地元フロリダ州のデサンティス知事で21%だった。

[ad_2]

Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *