米CIA本部前でにらみ合い、容疑者が治安要員に撃たれ負傷

By | May 4, 2021



中央情報局(CIA)本部前で、武器を持った男が治安要員とにらみ合いを続けた末に治安要員に撃たれて負傷した/WJLA

中央情報局(CIA)本部前で、武器を持った男が治安要員とにらみ合いを続けた末に治安要員に撃たれて負傷した/WJLA

(CNN) 米バージニア州マクリーンにある中央情報局(CIA)本部前で3日夕、武器を持った男が1時間にわたって治安要員とにらみ合いを続けた末に、治安要員に撃たれて負傷した。米連邦捜査局(FBI)ワシントン支部が明らかにした。

同支部の発表によると、要員が関係する銃撃は現地時間の3日午後6時ごろ発生した。CIA本部前で起きた治安事案に関与した人物が、武器を持って自分の車から出てきたため、治安要員が対応した。

容疑者は負傷して病院に運ばれ、手当てを受けているとFBIは説明。「要員が関係する全ての銃撃事案を深刻に受け止め、徹底的かつ客観的な検証を、状況に応じてできる限り迅速に行う」としている。

捜査関係者やこの事件に詳しい関係者によると、容疑者はこの日午前、CIAのゲートに車で近づき、車内に爆弾があることをうかがわせる発言をしていた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *