【速報】中国不動産企業、ついに自国向けの理財商品もデフォルトw

By | November 24, 2021

中国の佳兆業集団が苦境に陥っている。11月12日が期限だったドル建て債の利払いが見送られ、30日間の猶予期間に突入した。それに加えて国内向けの理財商品の支払いさえも滞っているようだ。ドルはおろか人民元さえ不足しているということになる。

中国佳兆業の債権者、資金回収に向け投資銀行に助言要請=関係筋

[シンガポール 23日 ロイター] – 中国不動産開発会社、佳兆業集団のオフショア社債を保有し、今月に期日を迎えた利払いを受けていない債権者の一部は、投資銀行のモエリス・アンド・カンパニーにこの問題で助言役を務めるよう要請した。事情に詳しい関係筋が23日、明らかにした。

佳兆業のオフショア債務は、中国不動産開発業界で中国恒大集団に次いで2番目に多い。11月11日・12日が期限だった計5900万ドル強の利払いを見送り、30日の猶予期間に入っている。

12月7日には別のドル建て債が満期を迎え、4億ドルを償還する義務が生じる。

ブルームバーグは23日、時限的に組織されたオフショア社債保有者のグループはモエリスに加え、法律事務所カークランド・アンド・エリスの弁護士にも助言を求めていると報じた。

佳兆業はコメントを控えた。モエリスおよびカークランド・アンド・エリスにコメントを求めたが、回答はない。

同社は国内で発行した理財商品の一部の支払いも実行しておらず、債権者に支援を求めるとともに、資産売却によって債務返済の資金を捻出しようと奔走している。

学びがある! 5
分かりやすい! 9
新しい視点! 5

https://news.yahoo.co.jp/articles/a23dda830556516411eb042a8a02e3ec17d9603a

恒大よりもさらにやばい状態


ワトソン君中国は、恒大以外にも問題が多過ぎます!やっぱりゼロエコノミーがいいです。

黒井この調子だと助からないね。恒大創業者ほど私財も多くないようだし、何より自国民向けの理財商品もデフォルトするようでは救いようがない。人民元でさえも不足しているわけで。

ワトソン君確かに!ホントにお金がないんですね・・・。この記事って、どういう意味があるんですか?

黒井そりゃまあ、資金をどうやって回収するかの法的手続きの話だろう。投資銀行と法律事務所を交えて債権団が佳兆業集団からいかに絞り取るかを相談する。

ワトソン君創業者は、どこにいるんですか?早く出てきましょう!

黒井恒大よりもさらにやばい状態だよな。香港にいくつか不動産を持っていたはずだが、そこに触れれば今度は香港の不動産バブルまでもを崩壊させかねない。中国当局としても慎重に対応してほしいと考えているはず。

最終的に地方政府の財政破綻にまで至りそう


ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・中国の不動産バブルがそろそろ崩壊すると思います。絶対にただでは済みません
・中国のデベロッパーは地方政府の言うがままに建てるというスキームです。連鎖的にデフォルトするのは明白です
・株への影響がどうなるかが気になります
・中国は、血縁以外は信じるなというお国柄です

黒井地方政府も不動産開発業者の土地買い入れ資金を当てにしてるから、お互いに依存する構造となっている。だが外資はそんなのは知ったことではないから、容赦なくむしり取るだろうね。最終ゴールは地方政府の財政破綻とそれに伴う中国人民の暴動になりそうだ。

ワトソン君ホントですね・・・。理財商品も払わなかったのは、赤信号だと思います。

ワトソン君中国の皆さん、光の戦士の習さんが経済を破壊して、意地悪クラブを一掃します!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!

黒井日本には関係ない!どうでもいい!中国さようなら!

関連:  維新・松井代表「改革無くして増税なし」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments