維新・松井氏「コロナ5類指定協議を」経済に軸を/「オミクロン株」による重症化率がインフルエンザよりも低いと指摘「インフルと比べ命に大きく関わる症状とは思っていない」/ネットには賛同の声

By | January 13, 2022

維新・松井氏「コロナ5類指定協議を」 経済に軸を

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は11日、新型コロナウイルス感染症について、感染症法上の季節性インフルエンザ相当の5類に位置付けるよう専門家で協議するべきだとの考えを記者団に示した。感染対策を講じながらも、経済を回す方に軸足を置く姿勢が鮮明になっている。

松井氏は、感染が急拡大している新変異株「オミクロン株」による重症化率がインフルエンザよりも低いと指摘。「インフルと比べ命に大きく関わる症状とは思っていない」とも述べた。新型コロナは感染症法上の1~5類とは別の「新型インフルエンザ等感染症」に分類され、入院勧告、外出自粛の要請といった強い措置が取れる。

松井氏はこれまで「経済も回しながら感染対策を講じたい」と強調してきた。

ネットの声


5類未満でも良いくらいだ。

遅すぎる!協議より一日も早く実現!

これは維新に賛成。まともな野党がいない日本では維新がまともに見える。

ある程度の犠牲は許容して経済を回すべき。政治家としては言いにくい事を言える維新のような野党が増えてもらいたい。

本当にその通りだ。入院させて医療が逼迫、それで緊急事態宣言とかいかれてる。

支持します。保健所はパンク、熱が出ても診てもらえない。

テレビで毎日陽性者数を報告されるのも、子どもまでマスク外せないのも、学校行事延期も入試の不公平も全てにうんざり。

Source link

関連:  8年ぶり無投票当選 神奈川県松田町議選
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments