「ロシア嫌い運動のリーダーになろうと懸命」プーチン氏側近が日本批判

By | August 20, 2022


「ロシア嫌い運動のリーダーになろうと懸命」プーチン氏側近が日本批判 1

TBS NEWS DIG Powered by JNN

ロシア通信によりますと、パトルシェフ安全保障会議書記は19日、ウズベキスタンで行われた上海協力機構の会議に出席。「アメリカとその属国は自らの外交的冒険を正当化するため歴史の書き換えや嘘に頼ることをためらわない」と批判しました。

そのうえで、日本について「世界的なロシア嫌い運動のリーダーになろうと懸命になっている」と主張しました。

パトルシェフ氏はプーチン大統領の側近として知られています。

ロシア側は経済関係を含めた日本の反応を見ながら、当面、牽制を続ける構えです。

TBSテレビ



Source link

関連:  【主張】米黒人暴行死 融和に徹し暴力を許すな
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments