政治

独仏、リブラ認可に慎重 金融リスク対応に不備


仮想通貨「リブラ」のロゴとイメージ

 ドイツとフランス両政府は13日、米交流サイト大手フェイスブックが発行を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」に関し、金融の安定や投資家保護などを巡るリスクに適切に対処できそうにないとして、認可に慎重な姿勢を示した。

 両国は共同声明で、通貨に関する権利は国家に固有のものであり「どの私企業も要求できるものではない」と主張した。

 また「国際的な決済の効率性を向上させる必要がある」と指摘し、欧州の決済システムの改善するよう銀行に要求。欧州各国の中央銀行に、公的機関によるデジタル通貨発行に関する課題解決を急ぐよう求めた。

 仮想通貨規制に関する先進7カ国(G7)中銀の作業部会を主導する欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は13日、ヘルシンキでの記者会見で、欧州の規制当局は、リブラを含む仮想通貨に対し「満たすべき規制のハードルを高く設定する」と強調した。(共同)



Source link

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may also like