文在寅のせいで韓国崩壊寸前! 世論が完全に真っ二つに割れる! 韓国中がデモでパニック状態!

文在寅のせいで韓国崩壊寸前! 世論が完全に真っ二つに割れる! 韓国中がデモでパニック状態!

文在寅寄りの勢力と韓国保守派の勢力の双方が300万人デモを喧伝する異常事態となっている。どちらも人数は盛っているものと思われるが、確かなことはチョグク法相任命を契機に韓国の世論が二分されてしまったことだ。韓国民が真っ二つに割れれば韓国としての国家機能の維持さえままならなくなる恐れがある。韓国は今まさに崩壊の危機に直面していると言えよう。

政権の味方“ソウル300万人集会”に口をつぐむ韓国政府
10/6(日) 17:27配信 WoW!Korea

韓国ソウルで5日、「チョ・グク法相と検察改革」を支持する市民たちによる“瑞草洞(ソチョドン)ろうそく集会”には、主催側の推定で300万人の市民が参加した。

青瓦台(韓国大統領府)が6日、政権支持派であるこの“300万ろうそく集会”が開かれたことについて、これと言った反応はなく、神妙な面持ちのままである。

これについて青瓦台の関係者はnews1の取材で、この集会の“警察改革の必要性”という主張に関して「主旨は理解する」という姿勢は見せながらも、具体的な立場については「何も申し上げることはない」と発言を控えた。

政界では、青瓦台がこのように慎重な立場を見せる背景について「進歩と保守陣営間の“集会合戦”を焚き付けているという批判を考慮してのことであろう」という見解がある。

すなわち、「文大統領は(その)就任前後に“国民大統合”を強調していたのにもかかわらず、今はむしろ自身の支持率のために分裂を助長している」という批判が出ていることに苦心しているということである。

また、実際に文大統領がチョ法相の任命後、陣営間の葛藤がひどくなったとして、連日それに対する批判が続いているという見方もある。韓国最大野党の自由韓国党の報道官は5日のコメントで「(チョ法相の任命によって)国民の怒りがもうこれ以上我慢できないところまできているということが、最近のソウルの(保守系の)集会に表れている」と語った。

特に文大統領があいにく、先月28日“検察改革”を叫ぶソウルでの(進歩系)ろうそく集会が開かれた2日後である30日に、ユン検察総長に直接“検察改革”法案を提出するように指示したため、批判の声はより激しくなった様相である。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000022-wow-int
300万人 VS 300万人
この記事は、何を言いたいんですか?主張があまり伝わってこないんですけど・・・。

“ソウル300万人集会”という単語だけ出されてもどっちの勢力だかが分からないよね。ここでは文在寅寄りの検察改革を支持するデモ隊の方だ。10月3日の韓国保守派デモについては特に触れられていない。

そうみたいですね!この「ウォーコリア」というメディアは、ムン大統領寄りのメディアだと思います。

それだと”War”だろww “ワオ”とか“ワウ”じゃないの?別にどうでもいいけど。

祖国法相の任命が、ここまで反発されるのは、やっぱり検察の改革が都合悪いからですか?

チョグクの妻を事情聴取したりと矛先を徐々に文在寅へと近付けつつある検察がな。チョグク自身が事情聴取される前に検察を改革してしまえという普通の国ではありえないようなことが起ころうとしている。

ボクは、検察がムチャな捜査をしてると思うので、改革は支持します!でも、そこまで大袈裟にデモをしてまで、主張しなくてもいい気はします・・・。

10月3日の韓国保守派の300万人デモを受けて5日に同じく文在寅派の300万人がデモを行なったとされている。人数はどちらも大きく盛られているだろうがまさに韓国民が分断されつつあると言っていいだろう。

このままだと、韓国内がメチャクチャになりそうです。大丈夫なんでしょうか?

検察の捜査がどこまで進展するかで今後の展開は変わってくると思う。それから文在寅がGSOMIA破棄を強行するかどうかも注目材料だ。もし本当に破棄されれば韓国保守派のデモは一層激しくなりそうだね。

文在寅支持層と不支持層で韓国世論が真っ二つ
文在寅政権の最近の支持率は40%を割るかどうかというところまで来ている。無党派層が離れていっているようだ。支持基盤の与党支持層ではチョグク法相任命は8割近くが適切と考えているらしい。

曺国氏を切り捨てられない文大統領の苦悩
10/6(日) 10:00配信 毎日新聞

法相の自宅が家宅捜索を受けるという前代未聞の混乱に陥った韓国。捜査を指揮する検事総長も、疑惑まみれの法相も、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が最重要政策の検察改革のために任命した「切り札」だ。2人が対立した後も、どちらも切り捨てられないのはなぜなのか。その謎を突きつめると、かつて検察改革に挫折した文大統領のトラウマが浮き彫りになってくる。【ソウル支局長】

◇政権交代しても検察は滅びない

渦中の2人は、7月に任命された尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長と、9月に任命された曺国(チョ・グク)法相。検察改革を担当する青瓦台(韓国大統領府)の民情首席秘書官だった曺氏は、原則主義者の尹氏の任命に難色を示す一方、尹氏も法相の国会人事聴聞会が始まる前に曺氏の娘の不正入試疑惑で大学や関連施設への家宅捜索を強行し、「法相に不適切」という事実上の警告を発信し続けた。要は、2人は就任前から、けん制し合う犬猿の仲だった。

文政権は世論動向に敏感なので、他の閣僚ポストだったら候補を変えたかもしれない。しかし、検察を監督する法相と、検察改革を担当する民情首席のポストは、権力を掌握する要のポストであり、大統領の生命線とも言える。代えはそういないのだ。
・・・

◇支持基盤は結束、無党派層は支持離れ

文政権の支持率は法相を含む内閣改造人事を発表した直後の8月中旬の47%から下がり続け、世論調査会社の韓国ギャラップが9月20日に発表した調査では、政権発足以来最低の40%まで落ち込んだ。韓国政界では40%以下になるとレームダック化の始まりと言われる。支持率以上に気になるのは、支持しない層が10ポイント増の53%と過半数に達したことだ。法相任命は不適切と回答した人が56%にのぼり、曺氏スキャンダルが支持離れの要因であることは明らかだ。

ただ、詳細を分析すると、与党・共に民主党支持層の72%、政権支持層の81%が曺氏の法相任命は「適切」と答えており、支持基盤は揺らいでいない。保守系野党の自由韓国党の支持者は96%が「不適切」と答えた。保革で賛否が二極化する現象はもともとあるが、曺氏問題を機にさらに強まっている状況だ。

一方、中道を自任する人、無党派層、20代、学生、は「不適切」と答える人が過半数にのぼり、これまでは文氏を緩やかに支持していた層が政権離れを起こしていることがうかがえる。

文大統領と支持層が抱えるトラウマは、自分たちの中では結束の方向に働いている。ただ、トラウマを共有できない若者層や無党派層には合理的に理解しにくく、捜査の行方次第でますます政権から離れていく可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000012-mai-int

俺は検察の背後に米国がいると思っている。

ええっ?急に米韓の話になるんですか?

文在寅にGSOMIA破棄をやめさせるために検察を使って圧力をかけていると考えるのが自然だ。いくら米国政府関係者が警告メッセージを発しても聞き入れる気がないなら実力行使するまでというわけだ。

パククネ元大統領も、検察に逮捕されてしまいましたよね?パククネ元大統領も、アメリカの意向で下ろされたんですか?

ぶっちゃけそうだよ。パククネは中国の軍事パレードに出席してしまったことで中国寄りの嫌疑をかけられたと思っている。文在寅についても同様だね。米国はもはや韓国保守派だろうが文在寅派だろうが信用しないが、それが確定するデッドラインが11月23日というわけだ。

そうなんですね・・・。じゃあ、韓国の保守派はもう守ってもらえないのでは?

米国は米国の都合で検察を動かしていると思う。ここでの米国は主に在韓米軍寄りの勢力だね。GSOMIAが韓国の手により破棄されれば米国には朝鮮有事しかカードがなくなるからだ。韓国に中距離ミサイルを置くという構想も破綻することになる。

エスパー国防長官は、あまり動いてないみたいですね!韓国の国防部長官に、直接圧力をかけたりしないんでしょうか?

GSOMIA破棄は既定路線として、次の手である朝鮮有事に備えている可能性はあるね。米朝協議決裂によりトランプの北朝鮮との交渉ルートも絶たれつつある今となってはエスパー国防長官の方が実権を握るようになってもおかしくないからな。

トランプ大統領、キム委員長と親書のやり取りをしてたのに、結局全然ダメでしたよね・・・。やっぱり、アメリカ軍が韓国からいなくならないから、文句を言ってるんでしょうか?

トランプでもどうにもならない軍産複合体の国防長官
おそらくエスパー国防長官の存在そのものを北朝鮮は問題視していると思う。ボルトン元補佐官まで露骨ではないにせよ、エスパー国防長官が軍産複合体の一角であることは少し調べればすぐに分かるからな。ボルトン元補佐官と違い失言もやらかしてないし解任するのも容易ではない。

トランプ大統領には、どうにもならないって事ですか?

最悪の場合はね。国防権限法って今どうなってるんだっけ?

全然続報がないですね・・・。成立しなかったら、ホントに有事になる気がします!

在韓米軍の撤収を余儀なくされるからな。韓国が5,400億円の分担金拠出に応じない場合展開費用そのものが捻出できなくなる。在韓米軍の人数を28,500人以下にすることを禁じる法的根拠も消滅する。ここまではトランプにとっても想定内だが、その後に朝鮮有事を考えてるかどうかでは大きく政権内で意見が割れると思う。

えっ?じゃあ、ホントにお金がないから、撤収するんですか?

ぶっちゃけそうだよ。国防権限法非成立なら在韓米軍の予算そのものが消える。穴埋めを韓国ができないなら撤収以外に方法がない。在韓米軍基地への物資を供給するための予算がないならすぐに帰らないと飢えてしまうからな。

突拍子もない話に聞こえますけど、ホントにそうなる気もしますね・・・。朝鮮有事にも、予算が必要なのでは?

そこは大統領令とか非常事態宣言とかで何とかなるんじゃない?米国の有事の際の法律がどうなってるかは詳しく分からないが。

ここで予定表を再確認しておこう。米朝協議決裂が目を引く出来事だ。

【2019年後半の中国と韓国の危機まとめ】
・8月2日:日本が韓国ホワイト国除外を閣議決定する
・8月22日:韓国が日本とのGSOMIAを破棄すると宣言する
・8月24日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・8月28日:日本が韓国ホワイト国除外を施行する
・8月29日:韓国最高裁がサムスン副会長の二審判決を破棄し差し戻す
・8月31日:韓国で油類税引き下げ措置の期限が切れる
・9月1日:米国が対中国関税1,120億ドル分を発動する(15%)
・9月1日:香港国際空港への交通網をパンクさせるデモが行なわれる
・9月6日:日本製鉄に対する韓国資産売却命令の猶予期限が切れる
・9月8日:米国でヒュンダイ自動車の運搬船が転覆する
・9月9日:北朝鮮が建国記念日を迎える
・9月9日:韓国GMが史上初の全体ストライキを実施する
・9月9日:韓国文在寅がチョグクの法相指名を強行する
・9月10日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・9月10日:韓国GMの研究開発法人も全体ストライキを実施する
・9月11日:香港で一帯一路サミットが開催される
・9月14日:サウジアラビアの石油施設が攻撃される
・9月17日:韓国外相が大恥をかいたと日本の産経新聞で報道される
・9月18日:韓国が日本のホワイト国除外を施行する
・9月18日:米国のFOMCで0.25%の利下げが発表される
・9月20日:中国の代表団が米国の農場視察を中止し帰国する
・9月20日:韓国の景気後退が24カ月続いていると国家統計委員会が発表する
・9月23日:米国トランプと韓国文在寅が米国で首脳会談を実施する
・9月23日:トランプが文在寅に非公式会談で防衛費大幅増額を要求する
・9月25日:日米首脳会談でトランプが文在寅の愚痴を安倍首相にこぼす
・9月26日:韓国のハンファケミカルがサムライ債発行を断念する(日本に断られる)
・9月27日:竹島に戦闘機を飛ばせると記述した令和初の防衛白書を閣議決定する
・9月28日:韓国の活動家3名が羽田空港で入国拒否される
・10月1日:中国が建国記念日を迎える
・10月1日:韓国が国軍の日で対日敵対姿勢を露わにする
・10月2日:北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する
・10月3日:韓国でパククネ弾劾時と同規模の反文在寅デモが行なわれる
・10月5日:香港で覆面禁止法が導入される
・10月5日:米朝実務者協議がストックホルムで決裂する
★10月7日
・10月10日:米中閣僚級の通商協議がワシントンで開催される
・10月14日:海上自衛隊主催の観艦式に韓国が参加しない
・10月15日:米国が対中国関税2,500億ドル分の税率を引き上げる(25% ⇒ 30%)
・10月31日:英国首相が合意なきEU離脱を実行する
・11月18日:米国の対中国ファーウェイ禁輸措置の猶予期限が切れる
・11月22日:日本と韓国のGSOMIAが破棄される
・11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える
・12月15日:米国が対中国関税1,600億ドル分を発動する(15%)
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
★2019年10月7日現在

10月前半のイベントが、ドンドン増えてますね!北朝鮮が、急激に韓国に対して強硬になってると思います・・・。

SLBM発射は米国にとってもショッキングな出来事だろう。日米当局は未だに”はしけ”から発射された説を採用しているけど、俺はその認識は甘いと思う。韓国のミサイル防衛網が無駄になることを認められないからそう言っているのであれば今すぐ前言撤回しなければならない。

アメリカが、韓国から離れられるかどうかの瀬戸際だと思います!エスパー国防長官は、結局韓国を守ろうとするんでしょうか?

朝鮮半島の支配権を失うことを米国政府が受け入れられるかどうかだね。特に米議会だ。韓国消滅ともなれば世界中の脱北者を中心とした諜報ネットワークまでもが崩壊の危機に瀕することになる。だがその最悪シナリオは着々と迫っている。俺はトランプのやり方だけが唯一米国で正しいと思っている。

突拍子もない話が多過ぎて、まとめ切れません!勘弁して下さい!

ZAKZAKの記事にあったように脱北者が世界中に15万人も散らばってる時点で意図的な何かを感じるけどな。北朝鮮転覆を狙うための地道な工作活動が行なわれているとしか思えない。そしてそれは韓国独力だけでは実行できない大規模なものだともね。まあ今回はこのくらいにして締めるか。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*