千曲川の中州で68歳男性の遺体発見 台風19号不明者 犠牲者は89人に  



台風19号による大雨で千曲川(左)が決壊した現場。濁流が住宅地に流れ込んだ=10月13日、長野市(本社ヘリから、恵守乾撮影)

 長野県は3日、台風19号の被害で行方不明となっていた同県佐久市の三石量正(かずまさ)さん(68)が同市の千曲川の中州で発見され、死亡を確認したと発表した。死因などを調べている。

 県によると、同日午後2時半ごろ、捜索していた三石さんの親戚や友人らが発見し110番通報。警察や消防が土砂や流木の下敷きになっていた三石さんを掘り起こした。

 台風19号の被害は、死者が13都県89人(災害関連死を含む)、行方不明者は6人となった。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*