IT講師刺殺を認める 無職男、福岡地裁


 福岡市中央区で昨年6月、ITセミナーの講師、岡本顕一郎さん=当時(41)=が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた無職、松本英光被告(43)は11日、福岡地裁で開かれた裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、昨年6月24日午後8時ごろ、中央区の旧小学校施設1階の男子トイレ付近で、岡本さんの首や胸、背中などを多数回突き刺して殺害したとしている。

 被告は逮捕当時、インターネット上でトラブルがあったことを示唆する供述をしていた。福岡地検は精神鑑定結果を踏まえ、刑事責任能力を問えると判断して起訴した。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

車いす搭乗拒否で再発防止要望 日弁連

Read Next

【TVクリップ】「おっさんずラブ-in the sky-」 佐津川愛美「女の子の気持ち、きちんと表現できたら」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *