「以前からMDMA」 所持容疑の沢尻エリカ容疑者が供述





東京湾岸署を出る沢尻エリカ容疑者を乗せた車両=17日午前、東京都江東区(萩原悠久人撮影)

 合成麻薬「MDMA」を所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷=が「以前からMDMAを使った経験がある。他の違法薬物も使ったことがある」という趣旨の供述をしていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、警視庁組織犯罪対策5課は沢尻容疑者が15日夜、自宅を出て渋谷区のクラブに向かうのを確認。帰宅を待ち、自宅に戻った16日朝から家宅捜索を実施したが、所持していたかばんなどの手荷物から違法薬物は発見されなかった。押収したMDMAは沢尻容疑者が以前から自宅で保管していたものとみられる。

 同課は「違法薬物を所持している」との情報提供を受け、10月以降、内偵捜査を継続。捜査関係者によると、MDMAとは別の違法薬物についての情報提供だったという。

 同課は家宅捜索で沢尻容疑者の自宅マンションの部屋から、MDMAを含む粉末が入ったカプセル2錠を押収。うち1錠を鑑定した結果、MDMAと判明した。残る1錠と尿の鑑定を進めている。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*