前堺市長の出納責任者 百条委の証人尋問は来月7日


 関連政治団体の政治資金収支報告書に多額の虚偽記入や不記載があったとして昨年11月に政治資金規正法違反の罪で略式起訴された堺市の竹山修身(おさみ)前市長(69)の選挙資金問題を追及する同市議会は15日、15回目となる調査特別委員会(百条委)を開き、竹山氏の選挙運動費用収支報告書の出納責任者に対する証人尋問を来月7日に行うことを決めた。今月30日には竹山氏の証人尋問が予定されている。

 百条委への出頭について、出納責任者は「竹山氏に従う」として、昨年11月5日の証人尋問を欠席した竹山氏にならい、同8日の証人尋問を欠席。市議会が再度出頭を求めたところ、「出頭する」と回答があり、来月7日を希望日として伝えてきたという。証人尋問は同日午前10時半から行われる。



Source link

本日の注目ニュース

Read Previous

自民・石破茂元幹事長 次期総裁選に意欲「任に堪えないといえる立場ではない」

Read Next

案里参院議員も説明 公選法違反事件 辞職は否定 

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x