立民・福山幹事長、政府基本方針「検査体制拡充ない」「危機感ない」 


 立憲民主党の福山哲郎幹事長は25日の記者会見で、政府の新型コロナウイルスの感染拡大に備えた対策の基本方針について「検査体制の拡充が明確に示されておらず非常に残念だ」と述べた。

 福山氏は「検査が受けられない状況がすぐに改善するとは思えない。これまでの取り組みの延長に過ぎない」と指摘した。

 政府専門家会議は「この1~2週間が急速な拡大の瀬戸際だ」との見解を示している。福山氏は「見解の危機感が基本方針に示されているとは感じにくい」とも語った。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

関電金品受領問題で調査委が3月中旬に報告書 便宜供与の有無焦点

Read Next

日米豪印の連携「活性化」 米印首脳会談「5G」など中国牽制

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *