東京円、106円台後半


 休日明け30日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台後半で取引された。

 午前10時現在は休日前の28日と比べ28銭円高ドル安の1ドル=106円79~80銭。ユーロは09銭円高ユーロ安の1ユーロ=115円96~97銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、連邦公開市場委員会(FOMC)で事実上のゼロ金利政策などの継続を決めた。米国の金融緩和が長期化するとの観測が広がり、日米金利差の縮小を見込んだ円買いドル売りが優勢となった。

 市場では「米国の実質国内総生産(GDP)速報値が予想より悪かったことも、低リスク通貨とされる円を買う動きにつながっている」(外為ブローカー)との声があった。



Source link

Read Previous

群馬、コロナ感染者新たに1人死亡 「藤和の苑」入居者

Read Next

譲位1年 政府、伝統と憲法の調和に全力 皇位継承議論は旧宮家復帰明記焦点に

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *