長野で7歳男児行方不明 川で流されたか、弟は発見

[ad_1]

 長野県警千曲署は23日、小学2年の中村士(つかさ)君(7)=千曲市内川=が、22日午後から行方不明になっていると発表した。遊んでいる最中に千曲川に流された可能性があり、捜索している。

 署によると、22日午後5時半ごろから士君と弟(4)の所在が分からなくなったと両親から連絡があった。付近を捜索したところ、川の中で、流木のようなものにつかまった状態の弟を見つけ救助した。入院したが、命に別条はないという。

 士君は身長約120センチでやせ形。丸刈りで、黒いTシャツと灰色のズボンを身につけていた。

[ad_2]

Source link

Read Previous

政府、判決文入手できず 中国当局の日本人拘束

Read Next

菅長官、中国国防費「重大な関心」 透明化働き掛け

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *