Breaking News :

August 13, 2020

東京都 新たに243人の感染確認 きのう上回り最多 新型コロナ

東京都は10日、都内で新たに243人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都内で一日に確認された数としては9日の224人を上回り、これまでで最も多くなりました。

東京都は、10日都内で新たに10歳未満から80代の男女合わせて243人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

都内で一日に確認された数としては9日の224人を上回り、これまでで最も多くなりました。

また2日連続で200人を超えるのは初めてです。

243人のうち、20代は126人、30代は60人で、2つの年代を合わせると186人となり、全体のおよそ8割近くを占めています。

また243人のうち、
▽142人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、
▽101人は今のところ感染経路がわかっていません。

そして、いわゆる夜の繁華街に関係する人は、感染経路がわからない人も含めると110人だということです。

これで都内で感染が確認されたのは7515人になりました。

10日、都内で死亡が確認された人はいませんでした。

専門家「院内感染対策を早急に」
東京都内で新たに243人の感染が確認されたことについて、新型コロナウイルスの治療の中核を担う、国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は「都内でも感染が多く確認されている地域では、いつ、どこで感染してもおかしくないような状況になってきていると思う。医療現場でも先週辺りから目に見えて患者の数が増えてきた。今の時点では軽症者が多いが、1週間から2週間たってから重症化する人もいるため、安心はできない状況だ」と指摘しました。

そのうえで、今後求められる対策として「市中での感染が広がってくると、新型コロナウイルス以外の病気やけがで入院する人たちの中にも感染者がいるという状態になってくる。そうした患者を通じて、気付かない間に病院内で感染が広がり、クラスターが発生してしまうことが心配だ。特に東京では入院患者になるべく早めに検査を行うなどして、感染している人に適切な対応がとれる体制を整える必要があるのではないか」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507891000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

本日の注目ニュース

Read Previous

全国最多10期目の山梨・早川町長が11選出馬表明

Read Next

シチズン プロマスター「ブルーインパルス」限定モデルが登場

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *