あおり運転疑いで書類送検 改正道交法初適用、警視庁 42歳男性会社員





警視庁外観=東京都千代田区

 前方の車の通行を妨害する目的で車間距離を詰め、自分の車を割り込ませて停止させるなどしたとして、警視庁交通執行課は16日、道交法違反(妨害運転)容疑で、東京都江戸川区に住むトラック運転手の男性(42)を書類送検した。調べに対し、「合流の際に車間距離を狭められたと思い、カッとなってしまった」と容疑を認めている。

 捜査関係者によると、6月30日にあおり運転を厳罰化した改正道交法が施行されて以降、同容疑での立件は全国初。

 書類送検容疑は6月30日午後5時半ごろ、江戸川区南葛西の環状7号線などで、都内に住む会社員の男性(24)の軽ワゴン車に対し、後方から車間距離を詰めてクラクションを鳴らし続け、交差点で曲がる際に割り込んで停止させたなどとしている。

 交通執行課によると、あおり運転行為は約3分間にわたって継続。車を停止させた後、「降りてこい」「なんであおってんだ」などと男性を脅しており、目撃した近隣住民が110番通報していた。



Source link

本日の注目ニュース

Read Previous

「M」の安斉かれん 自由すぎる“令和ギャル”ぶり…

Read Next

米国が中国ファーウェイ追加制裁! 香港優遇措置も外す! 英国もファーウェイ除外! 急激に進んでるな…

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x