西村担当相、お盆帰省「慎重に考える」 高齢者への感染を危惧

[ad_1]



西村経済再生相

西村経済再生相

 西村康稔経済再生担当相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が全国で広がっていることを受け、お盆の帰省について「慎重に考えなければならない」と述べた。「家族で実家に行き、同じ環境で食事をすると、無症状の若い人や子供から高齢者に感染が広がる可能性がある」と理由を語り、週内にも新型コロナ対策分科会を開き、移動制限も含め専門家の意見を聴取する考えを示した。

[ad_2]

Source link

Read Previous

遊泳中の男性が意識不明 静岡

Read Next

「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *