北朝鮮出稼ぎ労働者、コロナで送還されず外貨稼ぎ 新契約も

[ad_1]

 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮の海外派遣労働者が新型コロナウイルスを理由に本国に送還されず、外貨を稼いでいることが10日、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会・専門家パネルの中間報告書で分かった。海外派遣労働者は安保理決議で昨年12月までの北朝鮮送還が義務付けられているが、中国やシリアでは新たな契約も確認され、制裁逃れの実態が浮き彫りとなっている。報告書は9月に公表される予定。

 産経新聞が入手した中間報告書によると、昨年12月以降も「スポーツ選手、医療専門家のほか、飲食店従業員、建築作業員らが海外で働き続け、収入を得ている」と指摘。新型コロナの感染拡大を理由に、ロシアとベトナムが「北朝鮮が国境を閉鎖したため送還できなかった」と専門家パネルに説明したほか、サッカー選手がオーストリアなどにとどまっているという。

 また、シリアの企業は昨年10月、800人以上の北朝鮮労働者をシリアの建設現場に送り込むよう北朝鮮の企業と契約。このほか、中国・遼寧省の衣料品工場は昨年8月と今年1月に計約480人の北朝鮮労働者を雇うなど、中国の3社と北朝鮮側との雇用契約が新たに確認された。

 安保理決議は、北朝鮮労働者の送還状況に関する加盟国の報告期限を今年3月末としていたが、報告書を期日通りに提出したのは約40カ国で、全体の2割にも満たなかったことも判明した。

 一方、報告書によると、北朝鮮産石炭の密輸は新型コロナの影響で1月下旬から3月上旬は中断されたという。だが、その後、海上で積み荷を移し替える「瀬取り」を再開し、5月7日までに33回の密輸が確認され、大半は中国の港に運ばれたと指摘している。

 このほか、北朝鮮は外貨稼ぎのため、「第三国」への漁業権販売も続けていると指摘。加盟国の情報として、5月末までに計70隻の漁船が北朝鮮近海で確認されたという。北朝鮮が中国漁業関係者向けにインターネット広告を出し、1人あたり月2500元(約3万8千円)で、北朝鮮近海でのイカ漁の勧誘を行っている実態も報告している。

 報告書では、北朝鮮が過去6回の核実験をへて、核弾頭として弾道ミサイルに搭載可能な核兵器の小型化を「恐らく実現した」とする複数の加盟国の分析も盛り込んだ。

 加盟国の分析として「北朝鮮が突入補助装置や多弾頭システムの開発などの技術的進歩のため、(兵器の)小型化をさらに進めようとする可能性がある」とも指摘し、警戒を強めた。

[ad_2]

Source link

Read Previous

TikTok買収交渉中断 MS、トランプ氏発言で

Read Next

【韓国経済】外資企業の韓国撤収が激増! 前年比で2.5倍! 米国や香港にも見放される!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *