中国の大型宅配3社が「BTS商品」の“運送中断”

By | October 21, 2020


中国の大型宅配3社が「BTS商品」の“運送中断” 1

中国の宅配企業“韻達”は、防弾少年団(BTS)関連の商品の運送を中断することを明らかにしたことで物議を醸している中、BTS商品を運送しないという大型宅配企業2社が、追加で確認された。

【写真】もっと大きな写真を見る

19日 “韻達”がBTS関連商品の運送を中断すると伝えたが、BTS商品の運送中断は 実はその前からあったことがわかった。18日 中国のネットユーザーたちは、別の宅配企業“圓通”に問い合わせた結果、“圓通”側もBTS商品の運送を中断したことが確認された。

ただ “圓通”側は「我々自体で拒否しているのではなく、中国の海関(税関)総署でBTS商品が受け入れられていない」と説明した。

19日 “中通宅配”側にも問い合わせた結果「BTSのアルバムの運送ができていない」と伝えた。中国の大型宅配企業が続々と“BTS関連商品の運送中断”を決めている状況である。

ただ 宅配企業自体で「不買運動」を理由に運送中断を決めたのか、中国の海関総署側からBTS関連商品がストップされているのかは、まだわかっていない。

去る7日 BTSは、米韓友好団体“コリアソサエティ”から「ヴァン・フリート賞」を受賞し、その時 リーダーのRMが「今年のイベントは朝鮮戦争70周年を迎えたことで、その意味が格別だ」とし「我々は“両国”が共に受けた苦難の歴史と、数多くの犠牲を永遠に記憶するだろう」と語っていた。

この発言に対して中国のネットユーザーたちは「“両国”が韓国と米国を指すものだ」とし「中国人たちの犠牲を無視した発言だ」という理由で、BTS批判が起き始めた。このことで「BTSを好む者は“売国奴”だ」という言葉まで飛び交っているほどである。



Source link

関連:  ウクライナ機がイランで墜落 180人搭乗
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments