米交通安全局と韓国の”現代・起亜自動車”、2億1000万ドルの「課徴金」

By | November 29, 2020


【写真】もっと大きな写真を見る

NHTSAは現代・起亜車に対して、リコールに関する情報を不正確に報告したと指摘した後、この両企業は処罰に合意したと伝えた。

現代車が支払うべき金額は、課徴金5400万ドルと、安全性能測定強化などの対策に投資する4000万ドル、合意を満たせない場合の4600万ドルの追加課徴金など、計1億4000万ドルである。

起亜車が合意した金額は計7000万ドルで、ここには2700万ドルの課徴金と安全措置のための1600万ドルの支出、合意不履行時の2700万ドルの罰金が含まれている。

投資金と合意未履行時の追加の罰金を除けば、純粋な課徴金は8100万ドルとなる。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *