【緊急速報】ワシントンDCに州軍21,000人配置

By | January 15, 2021

1月14日現在ワシントンD.C.には21,000人もの州軍兵が配置されているという。昨日は米議会議事堂の床で寝る州兵の様子が広まっていたが、それほどまでにトランプ軍の来襲を警戒しているということかもしれない。

バイデン陣営大量逮捕の線は薄い

これって、一斉逮捕の準備なんですか?

そういう話にしたがってる人がいるのは分かるが、実際のところトランプ軍から米議会議事堂を守るために配置されている可能性が高いと思う。昨日もそういう話をしただろ?

確かに・・・。もし逮捕するなら、今日逮捕すればいいのにって思います。バイデンさんの就任式を待って逮捕するのは、負担が大きいと思います!

ドイツの米国総領事館の中にドミニオンの拠点があって、そこでCIA長官がサーバーを管理していたら銃撃戦になって逮捕されたというストーリーならまだ信用できる。ドイツは遠いからね。

ところが米国ワシントンD.C.となるとそれは通用しない。本当かどうかは行けばすぐに分かるし、実際に議会が始まればそこにいる人はクローンなのかということになる。だからその線は薄い。

リンウッド弁護士の緊急放送がガセだったので、落ち込んでる人が増えてますね・・・。「トランプ軍」というのは、ウソですよね?

トランプ自身も望まないようなことをトランプ支持者がしようとしているのか、あるいはトランプ支持者になりすましたアンティファか。展開次第では”なりすましトランプ軍”と呼ぶことにする。

それなら、納得できます!トランプ大統領の支持者は、みんな平和主義者だと思ってます。
ワシントンD.C.の警備がさらに厳重になっていく

返信部分の反応です!
・就任式を無事に終わらせるためですか?
・どう見ても議事堂は封鎖、占拠されてると思います
・トイレが大変そうです
・民兵の牽制なのでは?
・バイデンさんの就任式で、出席者を全員逮捕するためですか?
・州兵のクーデターか、ディープステートの地下基地の破壊だと思います
・就任式の日に、何かが起こるんですね

就任式自体はワシントンD.C.の米議会議事堂で実施されることになる。ロイターによれば警備をさらに強化するつもりのようだ。
米首都ワシントン、大統領就任式控え警備強化 地下鉄駅など閉鎖
1/15(金) 2:18配信 ロイター

[ワシントン/シカゴ 14日 ロイター] – 20日のバイデン次期米大統領の就任式を控え、米首都ワシントンでは警備体制が強化されている。トランプ大統領の支持者が先週、連邦議会議事堂に乱入した事件を受け、連邦捜査局(FBI)はこれまでに、就任式を前に首都ワシントンや50州の州都で武装したデモ隊による抗議行動が計画されている可能性があると警告を発している。

騒乱の起きた議事堂や最高裁判所、米国議会図書館の周辺にはフェンスが張り巡らされ、道路が閉鎖された。一部の地下鉄駅は閉鎖され、バスの運行路線も変更される。

国立公園局は今週、ワシントン記念塔を24日まで閉鎖すると発表しているが、議事堂からリンカーン記念館までのナショナル・モールを閉鎖するかはまだ決定していないという。

ペンス副大統領はこの日、就任式のセキュリティー体制について説明する見通し。

航空各社やホテルも総じてセキュリティー対策を強化している。

デルタ航空のバスティアン最高経営責任者(CEO)はこの日、首都ワシントンエリアへの航空便で警察官以外の乗客が預け入れ荷物で銃器を輸送することを今週末から就任式開催日まで禁止するとCNBCで述べた。
・・・

Source

結構厳重ですね・・・。じゃあ、期待できる事は起こらない気がしますね。

明日からが特に重要だからな。次の話題に移るとしよう。ひとまず締める。

トランプ大統領、最後まで諦めないで下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *