孫正義氏、会長を退いて創業者取締役に…ソフトバンクCEO交代

By | January 27, 2021


孫正義ソフトバンク会長 中央フォト
孫正義ソフトバンク会長 中央フォト

孫正義氏がソフトバンクの会長から退いて「創業者取締役」となる。

日本メディアは26日、ソフトバンクの発表を引用し、このように報じた。会長には宮内謙社長が就き、宮川潤一副社長が4月に社長兼最高経営責任者(CEO)に昇進する。

ソフトバンクは今回の人事について経営体制の刷新による措置だと明らかにした。現地メディアはソフトバンクが宮川次期社長体制で5Gと人工知能(AI)、自動運転などの分野を中心に事業を拡大する計画だと分析した。

実際、宮川氏はソフトバンクの前身の会社に入社し、技術担当として5G基地局関連事業に関与した。現在はトヨタ自動車と共同出資した会社の社長を務めている。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *