韓経:サムスン電子Galaxy S21、滑り出しは上々…前作に比べ30%増

By | February 11, 2021


Galaxy(ギャラクシー) S21の出発は順調だ。サムスン電子は先月29日に正式発売したGalaxy S21シリーズの韓国内販売実績を集計した結果、前作Galaxy S20シリーズよりも同期間約30%以上増加したと10日、明らかにした。販売量集計期間は先月29日から今月8日までだ。

基本モデルのGalaxy S21が全体販売量の約40%を占めて実績を主導した。Galaxy S21 Ultraが約36%でこの後に続いた。カラー別に見るとGalaxy S21 Ultraではファントムブラックが最もよく売れた。Galaxy S21とGalaxy S21+では新たに公開されたファントムバイオレットが最も多く選ばれた。全体販売量のうち、電子製品流通業社、端末店舗、インターネットなどを通して端末を購入する自給制比重が約30%に達した。自給制販売量は前作比2倍以上に増加した。

サムスン電子は初期販売量が増加した背景として「差別化されたデザイン」とあわせて「写真・動画撮影技術」を挙げた。Galaxy S21が5世代(5G)フラッグシップスマートフォンとしては初めて100万ウォン(約9万4500円)以下で発売されたのも消費者の選択を誘導した要因だという分析だ。

1月16日から全国200カ所の店舗で顧客がどのような条件もなく最大3日間Galaxy S21シリーズをレンタルして試用できるようにした「Galaxy To Goサービス」も高い満足度を示したことが分かった。

サムスン電子は3月31日までGalaxy S21シリーズを購入し、それまで使っていたスマホを返却する場合、中古相場で追加補償する「中古フォン追加補償プログラム」を稼動する。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *