【画像】中国に乗っ取られた香港歴史博物館の惨状をご覧ください

By | April 7, 2021

香港歴史博物館の展示が大幅にリニューアルされて、実物展示ではなく紙で作られた模型になってしまったそうだ。香港の歴史を抹消する中国共産党の意向が働いていると言える。歴史修正主義者とはまさに中国のことである。

香港の歴史が真っ白にされていく

これは・・・。画像を見た方がいいですか?

いつもの監視対象のツイッターアカウントでシェアされていた情報を拾ってきた。分かるか?香港の歴史的な展示物が全部紙になったんだ。色さえも塗られていない。

これって、どっちがいい展示方法なのか分からないですけど、アフターの方も結構細かく作られてますね!

模様だけな。造形はチャチな紙細工で凸面加工にすべき部分を平坦にしたり、味のある色合いそのものを抹消して白い色をやたら強調している。そう、香港の歴史は中国共産党によって真っ白になるということ。

もし中国がやってるとしたら、怖過ぎますね・・・。でも、香港は中国の一部だし、仕方ないですよね?

去年決まったことだからな。だが一気呵成には乗っ取らず、こうしてじわじわと気付かないうちにゆっくりと侵食していくわけだ。怖いなんてものじゃないよな。怖がるタイミングさえ失うレベルと言える。
中国大陸の歴史も真っ白に塗り替えよう

返信部分を、まとめました!
・香港の歴史が、透明になりました
・古い展示で香港の本質を感じていたのに、それがなくなりました
・これは興醒めだと思います
・寂しいです
・これは良くないと思います
・好きだったのに、悲し過ぎます
・付録にあるペーパークラフトかと思いました
・香港の歴史も、改竄されていくんだと思います

あと、こんな返信もありました・・・。

共産主義の本領発揮と言えそうだね。だがまだ中国共産党は完璧ではない。中国本土の歴史をも真っ白に塗り替えてこそ真の共産主義と言えるからだ。その甘さにこそ我々が付け入る隙があると考えている。

共産主義は、怖過ぎます!やっぱり、人類には合わないと思います。

中国の皆さん、上海が真っ白になってもいいんですか?反省して下さい!お願いします!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *