映画トップガン続編の出資者から中国企業消える ⇒ 日本と台湾の国旗復活w

By | June 4, 2022

こういう経緯だったわけだな。

分かりやすいですね・・・。

トップガン続編に36年もかかった理由


黒井2019年7月の予告編の時点では米中関係はさほど悪くないという認識だったわけだね。あの頃は確かトランプがファーウェイを禁止したり対中関税を発動したが。あまり効果なかったのかな?

ワトソン君やっぱり、コロナでは?中国がコロナの起源だと知って、関係が悪化しました!

黒井テンセントは深圳の企業だが、上海閥や習近平指導部との関係性は不明だ。深圳閥というのはないのか?よく分からない。

ワトソン君確かに・・・。深センも、ロックダウンした方がいいのでは?

黒井あそこはロックダウンが1週間できちっと終わったから大した話題にもならなかった。つまり上海閥とは別の勢力に牛耳られてるから、中央指導部から嫌がらせのようにロックダウン厳格化を命令されることもなかったと。この辺りモヤモヤするよな。

ワトソン君でも、日本と台湾の国旗が復活したので良かったです!

黒井トップガン続編に36年もかかった理由についてあれこれ取り沙汰されていたが、極論そういうことかもね。米国と中国の経済が密接すぎて日米台同盟の足枷になってたんだ。今が理想の状態に近いと思うべきだ。

ワトソン君中国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!さようなら!

関連:  五輪控え菜食主義対応を 超党派議連が初会合
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments