ロシア設置機関の職員、ウクライナ・ヘルソン州第2都市から避難

By | November 16, 2022


発表によると、ロシア軍がヘルソン地域の西側から撤退した11日以降、ノバ・カホフカはウクライナ軍から直接砲撃を受け、数千人の住民が避難。「ノバ・カホフカの軍民行政機関のほか、州や市の機関の職員も街を離れ、域内の安全な場所に移された」という。



Source link

関連:  NY金1600ドル台 投資資金が安全資産に逃避、約7年ぶり高値
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments