ロシア、ポーランド領に着弾したミサイル疑惑は状況を深刻化させる意図的な挑発

By | November 16, 2022


ポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイル問題についてロシア国防省は「状況をエスカレーションさせるための意図的な(ポーランドによる)挑発で、ウクライナとポーランドの国境地域にある目標にロシアの武器が命中した事実はない」と発表した。

ロシア側は「ウクライナ軍の使用するS-300の迎撃弾がポーランド領プシェボドゥフに着弾した可能性が高い」と主張し始めた

ロシア軍は15日に100発以上の巡航ミサイルや自爆型無人機でウクライナのインフラを攻撃したが、ウクライナ国境に近いポーランド領プシェボドゥフに着弾して2名が死亡、これ受けてモラヴィエツキ首相は安全保障問題と防衛問題を議論するため緊急閣僚会議を召集しているが、現時点でプシェボドゥフに着弾したミサイルがロシア軍のものだと断定されていない。

ロシア、ポーランド領に着弾したミサイル疑惑は状況を深刻化させる意図的な挑発 2

出典:Telegram経由

しかしAP通信は「ロシア軍の巡航ミサイルがNATO加盟国の領空に侵入してポーランド領プシェボドゥフに着弾したと米諜報機関が認めた」と報じており、状況的にはウクライナ西部を狙ったロシア軍が巡航ミサイルがポーランド領プシェボドゥフに着弾した可能性が高く、ロシア軍のものだと断定されればNATO第5条の発動条件を満たす格好だが、ロシア国防省は「状況のエスカレーションを目的にした挑発だ」と声明を発表した。

ロシア国防省は「ポーランド領プシェボドゥフに『ロシアのミサイル』が着弾したという疑惑は、現在の状況をエスカレーションさせるための意図的な挑発で、ウクライナとポーランドの国境地域にある目標にロシアの武器が命中した事実はない」と主張、現地メディアが熱心に報道しているミサイルの残骸についても「ロシアの兵器とは無関係だ」と付け加えている。

何度も繰り返すが現時点でポーランド政府も米国防総省も「着弾したミサイルがロシア軍もの」と断定しておらず、もし「ロシア軍の仕業」と断定され外交手段による問題解決をロシアが拒否すればポーランドは第5条発動をNATOに要請することが出来るため、この問題は非常にデリケートなものになるだろう。

追記:ロシア側は「ウクライナ軍の使用するS-300の迎撃弾がポーランド領プシェボドゥフに着弾した可能性が高い」と主張し始めた。

ポーランド領にミサイル2発が着弾、モラヴィエツキ首相が緊急閣僚会議を召集中

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru/CC BY 4.0



Source link

関連:  ウクライナ兵、携帯式の対空ミサイルでロシア軍の巡航ミサイルを撃墜
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments