杉田水脈氏「クルド人に限らず、外国人の犯罪は日本の法律に基づいて裁かれなければならない。不法滞在は許してはならない」

[ad_1]

杉田水脈氏「クルド人に限らず、外国人の犯罪は日本の法律に基づいて裁かれなければならない。不法滞在は許してはならない」

政治

杉田水脈氏「クルド人に限らず、外国人の犯罪は日本の法律に基づいて裁かれなければならない」

体制が不十分なまま、外国人労働者を受け入れた対応を地元自治体が担わされており、かなり無理がある。その皺寄せは住民が被る。その実態を目の当たりにしました。また、地元の警察とも意見交換しましたが、「外国人による犯罪は把握していない」「データが無い」の一点張り。会議終了後、改めて質問すると「本当は実態を把握しているが、差別になる為、表に出せない」との答えが返ってきました。「そんなバカな話はない」と、強い憤りを感じました。

私はクルド人に限らず、外国人の犯罪は日本の法律に基づいて裁かれなければならないと考えていますし、不法滞在は許してはならないと思います。実態を公表することを含め、「差別」ではありません。ブレずに毅然とした対応が取れる国・日本の為に私も力を尽くしたいと思います。(杉田氏ブログ)

ネットの声

感情を入れたら無法状態になります。杉田さんは正しい。

当たり前が壊されていく。「人権」を高々とかざす侵略者の横暴なんとか食い止めて。

差別とこじつける連中は反日左翼の証明。

まともな自民党だけで新党立ち上げたらめちゃくちゃ票取れそう。

警察の理屈だとある外国人の犯罪も逮捕することは差別になるから逮捕はしないということになってしまいます。不起訴も差別防止のため?

断じて差別では無いと思います。日本において日本の法に従って判断するのは当然です。

自民党はLGBT以来ハッキリ左翼になっており、今の政治に保守がない。

当たり前が出来ない事自体が問題なのです。

警察が「差別」を加味しては、犯罪の検挙や取り締まりそのものが麻痺してしまう。その結果、社会の治安が崩れてしまう。あってはならない

杉田水脈氏「クルド人に限らず、外国人の犯罪は日本の法律に基づいて裁かれなければならない。不法滞在は許してはならない」

[ad_2]

Source link