コロナワクチン死亡認定数、健康被害認定件数とも、過去45年間のすべてのワクチン被害件数を大幅に超え、さらに激増中

[ad_1]

コロナワクチン死亡認定数、健康被害認定件数とも、過去45年間のすべてのワクチン被害件数を大幅に超え、さらに激増中

covid19(コロナ)

新型コロナワクチン健康被害 過去45年間全てのワクチン被害認定件数を超える

8/1(火)

新型コロナワクチンによる健康被害救済制度の認定件数が、過去およそ45年間の全てのワクチンの被害認定件数の累計を超えたことが分かりました。

健康被害救済制度では、1977年2月から2021年末までのおよそ45年間の累計でMMRやBCG、日本脳炎ワクチンなど、新型コロナワクチンを除いて3522件の健康被害が認定されています。

新型コロナワクチンの健康被害の認定件数は、2023年7月31日時点で3586件で、およそ45年間の全てのワクチンの認定件数の累計を新型コロナワクチンだけで上回っているほか、現在、4176件が審議すらされていない状態です。(サンテレビ)

8月1日時点から30日間でさらに300件以上増加し、3888件(藤江氏のツイートより)

ワクチン死亡認定数も激増、210件。過去45年間のすべてのワクチンの死亡認定数151件を大きく超える。

ネットの声

某大臣、マイナカードよりコロナワクチン総点検だろ。

打つ前は元気な人が、打った後24時間以内に亡くなった。誰も責任を取らない。

普通はとっくに中止ですよ 『異常』です。

公共放送みなさまのNHK!これでも報じない?まだ報じない?国民に知らせない。

いつになったらワクチンの薬害が公表されるのでしょうか?

実際、これでも数百分の一なんでしょね。何で打っちゃったんだろな。

まだみんな若いですよね。ついこの間まで一生懸命生きていたのに、これからも健康で生きたい、って思ったから打ったのに。

薬害以外の何ものでもない、、、。

コロナワクチン死亡認定数、健康被害認定件数とも、過去45年間のすべてのワクチン被害件数を大幅に超え、さらに激増中

[ad_2]

Source link