沢尻エリカ容疑者 大麻、LSD、コカインの使用も供述 10年以上前から





沢尻エリカ容疑者=東京都中央区(蔵賢斗撮影)

 合成麻薬「MDMA」を所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷=が、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、「10年以上前から違法薬物を使っていた。(合成麻薬の)MDMAやLSD、大麻、コカインを使用していた」という趣旨の供述をしていることが18日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、沢尻容疑者は「これまでに有名人が逮捕されるたびに私も危ないんじゃないかと注意していた」とも供述。家族や仕事の関係者らに対し、「大変な迷惑をかけました。大変申し訳なく思います」と謝罪の言葉を述べているという。

 また沢尻容疑者は、16日朝の同課による家宅捜索時、捜査員に対して「ここにあります」とMDMAの場所を自ら説明。MDMAの入手ルートについては、逮捕後の調べの中で「数週間前に(クラブの)イベント会場でもらったものだ」と話している。

 同課は「違法薬物を所持している」との情報提供を受けて10月以降、内偵捜査を継続していた。捜査関係者によると、MDMAとは別の違法薬物についての情報提供だったという。

 家宅捜索で同課は、粉末が入ったカプセル2錠を押収。うち1錠(0・09グラム)を鑑定した結果、MDMAと判明したため16日に沢尻容疑者を逮捕した。採取した尿の鑑定を進め、使用の有無を調べている。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*