米国政府が中国の報道機関5社を規制  職員名簿や保有不動産を国務省に報告するよう義務付けへ

米国政府が中国の報道機関5社を規制  職員名簿や保有不動産を国務省に報告するよう義務付けへ

米国に拠点が存在する中国の報道機関5社に関して、職員の名簿や保有不動産の登録を国務省にて行なうよう規則が変更されることになりました。報道機関の名前も具体的に明らかにされています。今後はこれら5社は大使館と同じ扱いになるとされており、中国側の行動をさらに厳しく監視することになりそうです。

米政府、中国国営メディア5社に新規則 大使館と同じ扱いに
2/19(水) 8:14配信 ロイター

 [ワシントン 18日 ロイター] – トランプ米政権は18日、米国に拠点を置く中国の主要国営メディア5社を大使館と同等に扱う方針を明らかにした。これらの国営メディアには、職員名簿や米国内で保有・賃貸する不動産を国務省に登録するよう義務付ける。

 国務省高官らによると、中国政府が最近、メディアに対する統制を強化していることや、習近平国家主席が国営メディアを通じてプロバガンダを流すことに、より積極的になっていることから、こうした方針が決定された。

 ある国務省高官は「習近平指導部の体制になってから、コンテンツと編集権限の両方に対する統制が強化されている」と指摘した。

 同高官によると、中国政府には決定前の通知はしておらず、18日午後に通告する。

 また別の高官は、中国政府の国営メディアに対する統制が、最近ますます厳しくなっていると話した。

 高官らによると、この日の決定は以前から検討されており、最近の米中間のいかなる案件とも関係ないという。

 決定の対象となるメディアは新華社、中国環球電視網(CGTN)、中国国際放送、チャイナ・デーリーおよびHai Tian Development USA, Inc。

 これらのメディアの米拠点は今後、職員名簿や雇用・解雇の決定を開示するとともに、米国で保有、あるいは賃貸している不動産を国務省に登録することを義務付けられる。

 また、米国で新たな不動産を購入、あるいはリースする場合にも事前に承認申請しなければならない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000025-reut-cn

習近平氏の体制が情報統制を強化していることが背景
ほほう。今日は久しぶりに有能さんの記事が主題になる感じか。

この記事は、有能さんの担当だと思います・・・。中国は、ドンドン追い詰められますね!

ただでさえ武漢肺炎で苦しんでいるところに追撃弾ってわけか。あたかもコロナウイルスなんてこの世に存在してないかのような勢いだね。

アメリカは、容赦ないと思います!中国が、情報を制限しているからですか?

こちらの方針は中国が国営報道機関などを通じて情報統制を強化していることが背景になり決められました。習近平氏の体制により政治的な宣伝目的の報道が増えているようです。報道機関の名前も公表されています。

新華社とか環球電視網はよく名前を聞くね。そうかついにそこまで来たか…。次は米国内に拠点を置くすべての中国企業にも何らかの規制をかける気がする。

今後は5社については国務省に職員の名簿と雇用や解雇の事実について報告するとともに、不動産の保有状況についても登録することが義務付けられることになります。国務省高官は活動を制約する目的はないと述べています。

安全保障の問題だと思うんですけど・・・。

妥当な決定じゃな。報道機関が政治的な目的を持つ宣伝機関になってはならん。公平性を保てぬ組織なぞ不要じゃよ。

中国共産党はここ最近露骨ですからね…。日本にも同じような統制をかけている雰囲気がありますし。

ええっ?じゃあ、最近大手ネットサイトがつまらないのは・・・そうなんですか?

今回の記事の内容自体は日本の大手マスコミでもいくつか報道してるけど、普段は中国や韓国にとって都合悪い記事はほとんどもみ消されてるよね。ネイバー創業者が告訴された話が未だにどのメディアも1ミリも報道していないのは異様としか言いようがない。

この記事に掲載されている写真が一瞬ミサイルの列に見えてびびったけど、柱の影がうまいこと斜めになってるだけだった。

米政府、中国国営メディア5社に新規則 大使館と同じ扱いに
2/19(水) 8:14配信 ロイター

 2月18日、トランプ米政権は、米国に拠点を置く中国の主要国営メディア5社を大使館と同等に扱う方針を明らかにした。写真は北京の人民大会堂前の中国旗。2019年5月撮影(2020年 ロイター)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000025-reut-cn.view-000

ホントだ!ただの柱だったんですね・・・。写真のトリックみたいです!

見ようによっちゃジャングルとかに置いてある竹のトラップとか、もっと言えば竹槍を持って並んでる民兵組織にも見えなくもない。中国がかつての大日本帝国と同じ過ちを犯しつつあることへの警告なのかもしれないね。

それは考え過ぎだと思います(笑)

これに並行する形でTexasのfederal judgeが中国のHuaweiの訴えを棄却しました。米国議会が制定した取引禁止規定は憲法に抵触しないとの判断がなされました。

米地裁、米国防権限法の違憲性巡り中国ファーウェイの訴え棄却
2/19(水) 8:56配信 ロイター

 [18日 ロイター] – 米テキサス州の連邦地裁は18日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の製品を米政府機関が調達することを禁止する米国防権限法(NDAA)は違憲だとして同社が起こした裁判で、ファーウェイの訴えを棄却する判決を言い渡した。

 同地裁のマザント判事は、米政府機関がファーウェイおよび中国の同業、中興通訊(ZTE)<000063.SZ>と取引するのを禁止する規定を同法に盛り込んだのは、米議会の権限の範囲内だったとの判断を示した。

 ファーウェイの広報担当者は、敗訴に失望しているとコメント。

 「国家安全保障が何よりも重要であることは理解しているが、米政府が2019年度NDAAで取ったアプローチは誤った保護を与えるもので、憲法が保障するファーウェイの権利を侵害している。われわれは引き続き、さらなる法的な選択肢を検討する」とした。

 米司法省の報道官は、米政府は判決に満足しているとコメントした。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000030-reut-cn

ドンドン厳しくなりますね…。ファーウェイの本社の深センは、感染者多数で封鎖状態です!

中国内の事情なんて知ったこっちゃないということだろうね。新型コロナは中国が発生源であって、それとは別にファーウェイに対する措置が緩和されることはないわけだ。

BloombergではHuaweiへの半導体輸出を阻止するために輸出管理規則も変更される可能性があると報道されています。供給元は台湾企業のTSMCなどとしています。

ええっ?輸出管理強化?アメリカが中国に対して、やるんですか?

おいおいここに来て制裁の色が激しくなってきたな…。もはや貿易戦争の枠組みを超えた戦争になりつつあるね。やはり米中どちらかが倒れるまでこの戦いに終止符は打たれないようだ。思っていたとおりだが。

中国に対する貿易規制が強化されることにトランプ氏が難色を示す
ネットユーザーのHHさんは、素晴らしい対応で頭が下がると絶賛してます!さすがアメリカ、日本もぜひやってほしい(MYさん)、共産党の危険性から言えば世界的な流れ(VLさん)、日本も同じようにしないと資源を奪われてしまう(GOさん)、という雰囲気です。

日本にも米国と同じ行動を求める声が日増しに強くなってきてるね。だが実際日本は特にファーウェイを制裁していない。日本政府にとってはここが正念場と言えるだろう。

正念場って、年に何回位訪れるんですか?もう10回は聞いたような気がするんですけど・・・。

この1~2年は今後数十年、いや100年を占う中で最も大事な局面になると思う。世界が加速度的におかしくなってきている中で、今度こそ日本が戦勝国になるためには何をすればいいかを考えることだ。安倍政権には的確な対応が求められるね。

こちらの報道も共有します。トランプ氏が中国に対する貿易規制が検討されていることに難色を示しているようです。こうした発言の背景は不明確ですが、半導体産業協会はトランプ氏の発言を歓迎する意向を示しています。

トランプ氏、対中貿易制限に難色 「中国に米製エンジン売却を」
2/19(水) 4:07配信 ロイター

 [ワシントン 18日 ロイター] – トランプ米大統領は18日、米企業が中国の航空産業にジェットエンジンやその他の部品を供給することを妨げる案を非難し、こうした動きを防ぐよう米政権に指示した。

 ロイターは15日、 米政府が米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>による中国商用飛機(COMAC)<CMAFC.UL>の旅客機「C919」へのエンジン供給について、販売許可の更新を却下すべきかどうか検討していると報じた。GE製エンジンのほかにも、米ハネウェル・インターナショナル<HON.N>による飛行制御システムなどの部品の販売を制限する可能性について検討が行われているという。

 トランプ大統領はツイッターで「国家安全保障を常に口実として用いることを含め、米国が米製品を購入している外国との取引を難しくするような国になることはあり得ないし、なるつもりもない」と指摘。「例えば、世界で最高の米国製ジェットエンジンを中国に購入してもらいたい」と述べた。

 トランプ大統領は具体的な貿易制限に関して言及しなかった。ホワイトハウスはコメントを控えた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000005-reut-cn

選挙対策以外の何物でもないな…。トランプだって本当は中国を規制したい立場だろ?また”よい警官”を演じてるのかと思ってしまう。

トランプ大統領、お世辞が上手ですよね・・・。ボクなら嬉しくなって、すぐに喜んでしまいます!

今後新たな輸出規制について政府から出される可能性があります。関連報道に目を通してください。トランプ氏のTwitterも欠かさず確認することが重要です。

日本政府が呑気に国賓だ何だと言っているのを尻目に輸出規制か。この1~2カ月で中国はとどめをさされる可能性が出てきたね。同盟国として的確な判断の下で動くことを期待したい。

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

政務活動費「透明度最下位」返上 埼玉県議会がネット公開へ

Read Next

象印マホービン、中国系家電の提案否決も海外事業強化に茨の道

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *