米2州が5月上旬に営業規制緩和へ ミシガンとフロリダ


 米中西部ミシガン州のウィットマー知事と南部フロリダ州のデサンティス知事は29日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い実施している営業規制について5月上旬から一部緩和する方針を明かした。米メディアが伝えた。

 ミシガンでは5月7日から建設業の営業を認める。同州ではこれまでに4万人以上の感染者を確認。大都市デトロイト周辺が米国のホットスポット(一大感染地)の一つとなっていたが、最近は感染者の増加ペースが鈍ってきている。

 フロリダでもマイアミなどを除いた州の一部で5月4日から小売店やレストランの再開を認める。(共同)



Source link

Read Previous

栃木県の休校、5月末まで延長 軽症者らは宇都宮のホテルに 

Read Next

首相「7日から日常に戻るのは困難」 緊急事態宣言延長の方針

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *