ベルギー王子、コロナ感染 スペイン交際女性宅で集会


 ベルギー王室のジョアキム王子(28)が5月下旬、スペイン南部コルドバを訪問し、交際相手の実家で新型コロナウイルス感染防止の人数制限に違反したパーティーに参加した後、ウイルス感染が判明した。両国のメディアが31日までに伝えた。

 ジョアキム王子はフィリップ国王のおいで、スペインの富裕層出身の女性と交際。パーティーは26日に開かれ、27人が参加した。感染経路は不明だが、王子は翌日に症状が出て28日の検査で陽性が判明、参加者全員が隔離状態に置かれた。現地では15人を超す集会は禁じられており、警察の捜査対象ともなった。

 王子は仕事を理由に24日、スペインへ民間機で入国。首都マドリードから鉄道でコルドバへ移動した。スペイン政府は外国からの入国者に2週間の自主隔離を義務付けており、当局は王子の行動も確認するとみられる。(共同)



Source link

Read Previous

白頭山を世界ジオパークに 北朝鮮がユネスコに申請

Read Next

【主張】ロヒンギャ難民 「感染弱者」を放置するな

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *